成宮寛貴(撮影:中村梢)
 2000年に宮本亜門演出の舞台「滅びかけた人類、その愛の本質とは…」でデビューした、俳優・成宮寛貴。2008年には「ハチミツとクローバー」、「ブラッディ・マンデイ」、「イノセント・ラヴ」と3本の連続ドラマに出演を果たすなど、現在の日本の演劇界において無くてはならない存在となっている。今回成宮は、「下妻物語」の中島哲也が脚本を手がけた映画「ララピポ」に主演。デブ専AV女優、対人恐怖症の高学歴フリーライター、ゴミ屋敷に住む主婦など“下流”とも言える男女6人が交差する群像劇の中で成宮は、野心家の風俗店スカウトマンを演じている。「今はみんなを癒す存在になりたい」と話す成宮の演技感、今後の目標に迫った。

――原作はオファーが来る前に読んでいたのですか?

成宮寛貴(以下、成宮):いえ、オファーが来てから原作を読みました。

――成宮さんが演じた栗野には、感情移入できましたか?

成宮:そうですね、原作を読んですごく共感できました。

――それは自分に似ているから?

成宮:栗野って、今自分がいる場所をちゃんと理解したり向き合ったりすることが出来てないんですよね。上ばっかり見てて今の自分が好きではない。そこは、今の仕事をはじめる前の自分とすごく似てるなって。彼の嘘つきで、軽薄で薄っぺらい部分が自分の中にもあるなって思って。そういう風に見えないように普段はしているんですけど。

――栗野役のキャスティングには成宮さんの名前がすぐ挙がったそうですが、具体的な口説き文句はあったんですか?

成宮:実は逆に自分が口説いたというか。この作品のプロデューサー、石田さんが以前舞台を見にきてくださって「この人、中島さんと組んでる人だ」って思って。いつもはそういうことしないんですけど、自分から「いつか僕にあった役があったら誘ってください!」って話をして。そうしたら、「ララピポ」が来て。「AVのスカウトマン!?」って思ったんですけど(笑)。作品読んだら意外と、奥深い芯のしっかりした本で嬉しかったですね。

――以前から中島作品には興味惹かれるところがあったということですか?

成宮:そうですね。映画ってより多くの人に観てもらいたいし、感動してもらいたいし、役者やってて楽しいと思うことはそういう部分だったりするし。何かを人に与えられたら、それだけでいいと思うし。逆に言ったらそれしかないと思うんですよ。中島さんの作品っていうのは、現代的な映し鏡のような作品だなと思います。それで、中島さんとはどうしても仕事がしたかったので今回脚本で入っていて、ガッツポーズでしたね。

――中島さんの脚本は、アレンジしているようですごく原作の本質をついていると思うのですが、中島さんの脚本の魅力についてどう思われますか?

成宮:今、すごい世知辛い世の中というか、「生きてて大変だな」って思うことが多くて。そんな中、自分の今ある状況とか不安な要素とかを直視できないんですよ。でもそれを自然と直視させてくれるというか、いつの間にかさせられているというか。トリックが上手な人だなって思います。面白おかしく、ある種ポップに進んでいって、でも最後には大事にしているものはすごく重くて。その見せ方はすごく中島さんらしいし、特徴的な監督だと思います。