〔iA〕 × Yahoo!ゲーム アイランド遠景(左) 専用コンテンツ「ふういんの森」(右)は3月中旬に公開

写真拡大

 セガの3D空間サービス〔iA〕によって、「Yahoo! ゲーム」の世界がそのまま3D空間となった。「アイランド」と呼ばれる空間でほかのプレイヤーと対戦したり、一人で遊んでいる人たちどうしで交流することもできる。

 セガが運営する3Dインターネットサービス「インターネットアドベンチャー〔iA〕」は、実在するWebサイトをPCの壁紙上に「アイランド」という3D空間として表示し、ユーザーは同じWebサイトを見ている人と一緒にアバターを通じてコミュニケーションすることができる。今回オープンした「〔iA〕× Yahoo!ゲーム アイランド」では、Yahoo! JAPANの「Yahoo!ゲーム」とひもづけられ、アバターを使ってチャットをしながら対戦することができる。

〔iA〕 × Yahoo!ゲーム アイランド遠景(左)
専用コンテンツ「ふういんの森」(右)は3月中旬に公開

 Yahoo! JAPAN IDを持っていれば、〔iA〕ツールバーをインストールするだけで〔iA〕にログイン可能。「Yahoo!ゲーム」の無料ゲームをプレイする人向けには交流スペースが用意され、ゲームごとの専用ルームを利用することができる。「インターネットアドベンチャー〔iA〕」では、3月中旬に複数で一緒に楽しめる専用コンテンツ「ふういんの森」を公開する予定となっている。

【関連記事】
チームラボの真骨頂、ありえない書と水墨画の世界を3D CGで表現した作品が「アジアデジタルアート大賞」で3賞受賞
Google Earthがパワーアップ、海底を3Dで再現、50年前にさかのぼる機能も
前略プロフィール、7頭身の3Dアバターを導入