大阪の電気街として知られるでんでんタウンのある日本橋で、「灼眼のシャナ」シリーズや「涼宮ハルヒ」シリーズのイラストで有名ないとうのいぢデザインによる新キャラクターが作られました。今後はグッズ販売なども企画されているとのこと。みんなに知られるキャラクターとして根付くことはできるのでしょうか。

詳細は以下から。
日本橋プロジェクト
http://areamap.jp/project/


「音々(ねおん)」は日本橋筋商店街オタロードを含む「日本橋界隈の活性化」を目的とした「日本橋プロジェクト」の公式キャラクターとして誕生したそうです。日本橋に本社があり、いとうのいぢが所属しているゲームメーカー・ユニゾンシフトも企画に名を連ね、2009年3月20日(金・祝)に開催予定の第5回日本橋ストリートフェスタでは記念グッズも販売されるとのこと。

音々のプロフィールは以下。


・名前
音々(ねおん)
私立日本橋高校1年生
学校では優等生らしい。
メガネをかけているというウワサ・・・。

・年齢
16歳

・身長
158cm

・趣味
ゲーム・コスプレ・料理

・家族
4人家族
父「日本橋で照明店を経営」(45歳)
母「元ミスでんでんタウン準グランプリ」(41歳)
妹「中学2年生」(14歳)

・特技
料理。特にお菓子系が得意。
音楽が大好きで洋楽・邦楽・アニソンと何でも聴く。
今ハマっているのはPOP系。
もちろん歌うことも大好き。

・その他
妹に無理矢理コスプレをやらされ、レイヤーとなる。
でもまだ恥ずかしいみたい。


家族構成に書かれている14歳の妹もそのうちデビューするのでしょうか。

・関連記事
ついに同人の萌え米「東方あきた小町」が誕生、同人イベントの例大祭にて発売 - GIGAZINE

「あきたこまち 萌え米袋」のJAうご、今度は萌えパッケージの羽後牛ビーフカレーを発売 - GIGAZINE

MicroSDと萌えキャラクターを結び付けた「萌SD(もえすでぃ)」 - GIGAZINE

「君のいる町」とコラボした美少女イラスト付きもみじ饅頭を求めて宮島へ行ってきました - GIGAZINE

記事全文へ