ルイス・フェリペ・スコラーリ監督突然の解任を受け、チェルシーの暫定監督に就任したフース・ヒディンク氏が、オファーを引き受けた理由を明かした。
 ヒディンク監督は「私がこの依頼を受けたのは、ロマン・アブラモヴィッチオーナーとの関係はもちろん、チェルシーがビッグクラブだから。私がここに来た理由を正直に言うと、やがてやって来るシーズン終盤のためクラブに加わってほしい、とオーナーに頼まれたからだ」とコメント。
「チェルシーは複数のタイトルレースの真只中にいる。FA杯、CL、それから国内リーグ。(首位ユナイテッドとは)10ポイント差あるが、このリーグの過去を遡れば、他のリーグ同様シーズン終盤に何かが起こる可能性はあるよ」と目標は優勝トロフィー獲得だと締めくくった。