ニンテンドーDS用ソフトとして3月28日に発売予定だった「ドラゴンクエスト? 星空の守り人」が、7月11日へと発売延期になった。同シリーズが発売延期になるのはこれまでにも何度もあるだけに、これ以上ファンをやきもきさせないことを願いたい。

発売元のスクウェア・エニックスは延期の理由について、「重大な不具合がある事が判明」したとしている。
3月28日発売を目指し、不具合の改修・検証に努めたが、安心して遊んでもらえるためには改修・検証に十分な期間が必要との事。
大人気シリーズの最新作だけに発売を待ち望んでいたファンには悲しいニュースとなったが、次こそはきっちり予定どおり発売できるようにしてもらいたいものだ。

もともと同シリーズは発表から発売までが長い事や、発売日が毎回延期する事で有名な作品でもある。今回もある程度予測していたファンもいるようだが、問題はこれ以上の延期がないかという点。過去に何度も発売日が延期された前例があるだけに、ファンとしてはそこが心配なところだ。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
原点回帰?「自分で動かす楽しさ」を求め始めたゲーマーたち。
PS3版「大航海時代Online」発売決定。
「真・三国無双 MULTI RAID」に新色本体の同梱版が発売決定。
スクウェア・エニックスがXboxLiveアーケードに参入

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!