ロックオンは、オープンソースのECパッケージ「EC-CUBE」2系で、電子マネー「WebMoney」の提供を開始した。

 今回、提供を開始したサーバー管理型電子マネー「WebMoney」は、プリペイド(先払い)方式のため、代金未回収のリスクがなく、入金確認作業の必要がない。また、クレジットカードでは困難な1円単位からの決済も可能となっている。

 利用の際には、プリペイド番号またはIDとパスワードを入力するだけで決済を行えるため、ユーザーは匿名性を確保でき、運営者側も個人情報の漏洩リスクを低減できる。

 ウェブマネーが提供している「WebMoney」の契約加盟社数は1700、平成20年3月期の決済額は300億円を超えている。

【関連記事】
ロックオン、アドエビスでモバイルLPOを提供
ロックオン、“ダンボールに商品を詰めて送るだけ”の写真撮影代行サービスを開
コカ・コーラ、自販機で2000万円分の電子マネー「Edy」を活用したキャンペーンを展開