「ドラゴンボール」といえば週刊少年ジャンプの黄金期の中心となった誰もが知っている作品で、アニメも「ドラゴンボール」「ドラゴンボールZ」「ドラゴンボールGT」と足かけ11年に渡って放送された大作です。その「ドラゴンボールZ」が放送開始から20周年を迎えたということで、なんと4月5日(日)から再び放送が開始されることになったそうです。ただの再放送なら現在もBSフジで行われているところですが、今回はHDリマスターなど最新デジタル技術によって色鮮やかに甦るとのこと。

詳細は以下から。
2月9日(月)発売の週刊少年ジャンプ 第11号。表紙のNARUTOが目印です。


土曜日がバレンタインデーということもあり、巻頭袋とじはバレンタインスペシャル。


「ドラゴンボールZ」情報は338ページ。映像がHDリマスターによってクリアになるほか、オープニングテーマ、エンディングテーマは曲・映像ともに全面リニューアル。また、当時のキャストが再び集まって新たに声を吹き込むとのこと。


天津飯役の鈴置洋孝氏など亡くなった方もいるため完全なオリジナルキャストでというわけにはいきませんが、新規アフレコで作品の印象がどのように変わるのかぜひ見てみたいところです。

・関連記事
映画「ドラゴンボール」最新予告編が登場、浜崎あゆみの主題歌をBGMにしてついにシェンロンが登場 - GIGAZINE

実写映画版ドラゴンボールの吹き替え声優発表、キャスト一新で野沢雅子は登場せず - GIGAZINE

ドラゴンボールに出てきそうなデザインの組み立て小屋 - GIGAZINE

「ドラゴンボール」の新作アニメエピソードや「ONE PIECE」を期間限定で無料配信中 - GIGAZINE

実写映画「ドラゴンボール」のゲーム版が登場、原作とは程遠い出来栄えに - GIGAZINE

オンラインRPG「ドラゴンボールオンライン」のメインビジュアルが公開 - GIGAZINE


記事全文へ