文化庁メディア芸術祭のマンガ部門は1997年から開催されている漫画賞で、過去には井上雄彦の「バガボンド」やかわぐちかいじの「太陽の黙示録」が大賞を受賞しており、優秀賞には「無限の住人」「MONSTER」「ブラックジャックによろしく」「蟲師」「よつばと!」などが名を連ねています。今回は大賞に一色まことの「ピアノの森」、優秀賞に槇村さとる「Real Clothes」・諸星大二郎「栞と紙魚子」・さそうあきら「マエストロ」・星野之宣「宗像教授異考録」が選ばれました。

詳細は以下から。
大賞:一色まこと「ピアノの森」


原稿やカラーイラストが展示されていました。




優秀賞:槇村さとる「Real Clothes」




優秀賞:諸星大二郎「栞と紙魚子(しみこ)」



優秀賞:星野之宣「宗像教授異考録」





そのほか、「犬夜叉」「美味しんぼ」「のだめカンタービレ」「もやしもん」「臨死!!江古田ちゃん」など17作品が推薦作品になっており、閲覧コーナーで読むことができるようになっていました。



・関連記事
今読むならこのマンガ?「マンガ大賞2009」のノミネート作品が決定 - GIGAZINE

鉄工所を舞台にしたマンガ「ナッちゃん」のヒロイン・ナツコの等身大フィギュアが出現 - GIGAZINE

広告がマンガになっているクチコミック「広告物語。」 - GIGAZINE

ジャンプスクエアで連載されていた「清く正しく美しく」がWEB上でアニメマンガ化 - GIGAZINE

文化庁メディア芸術祭、岸辺露伴っぽいアートや舞城王太郎の動きを再現する無人キーボードなどアート部門作品いろいろ - GIGAZINE

文化庁メディア芸術祭、アニメ部門受賞作の「空の境界 俯瞰風景」や「ストライクウィッチーズ」をシアターで上映 - GIGAZINE


記事全文へ