2月4日(水)からパシフィコ横浜で第30回工業見本市・テクニカルショウヨコハマ2009が開幕しました。これは神奈川県下最大の工業技術・製品総合見本市で、今回は「未来を支える技術の力」をテーマに独創性と先進性に富んだ最新の技術・製品・情報サービスなどを展示しているのですが、その中に、たなかじゅんによる鉄工所マンガ「ナッちゃん」のヒロイン・ナツコの等身大フィギュアが出現しました。ワンダーフェスティバルなどではないこの見本市に、なにゆえ等身大フィギュアなのでしょうか。

詳細は以下から。
会場はパシフィコ横浜で、2月4日から6日まで開催されています。


入場は無料。


開会のあいさつ中。


神奈川県知事・松沢成文氏や横浜市長・中田宏氏によるテープカット。


ナッちゃん等身大フィギュアは株式会社ミナロが制作。ミナロのほか、有限会社エムエスパートナーズ、有限会社日本キャドキャムセンター、株式会社ケイテックデザインの4社によるチーム「心技隊」のブースに置かれています。


ブースに立ちはだかるナッちゃん。でかい。


ちょっぴり細身ですが、本当に等身大です。


もともと、たなかじゅん氏も参加したJIMTOF(日本国際工作機械見本市)2008でフィギュアを制作して持って行き、今度等身大も作りますということで制作されたものらしい。

【ミナログ】製造業社長の逆襲: たなかじゅんさんキターッ

今回、「心技隊」ブースではナッちゃんがJIMTOFへ行った際のことを描いたマンガが配布されていました。


ちなみにたなかじゅんさんは実際にこの等身大フィギュアの制作風景を見学しており、その時の様子がブログに綴られています。

ミナロさん訪問記 - たなかじゅんのヨモヤマ日記 - Yahoo!ブログ

というわけで、ブースには色紙も飾られていました。


なお、ミナロは鋳型に使う木型製作・モックアップ・造形モデルなどを制作していて、ケミカルウッド(硬質ウレタン素材)を販売しています。


サンプルとして配られていたのはコレ。右端の白いもの以外はクレパスと言っても通用しそうですが、すべてケミカルウッドです。本来はかなり大きなサイズしか売られていないため、ミナロで小さく加工したものを販売しているんだそうです。


興味のある方は行ってみてはいかがでしょうか。


・関連記事
サザビーズのオークションにかけられたフィギュア、16億円で落札 - GIGAZINE

これがホンモノの「きれいなジャイアン」だ! in ワンダーフェスティバル2008[冬] - GIGAZINE

ワンダーフェスティバル2008夏、開場直後に人が多すぎて地鳴りのような音とともに4階から1階へエスカレーターがぶっ壊れて逆流、けが人発生 - GIGAZINE

エルサレムで発見された1800年前のフィギュアリン - GIGAZINE

海洋堂のボーメ新作美少女フィギュアから「千鳥かなめ」とか「テッサ」とか「関羽雲長」とかいろいろ - GIGAZINE

コナミのフィギュア「武装神姫」シリーズいろいろ in 東京おもちゃショー2008 - GIGAZINE


記事全文へ