韓国は性犯罪が多い国として国民から対策が求められているが、特に白人の外国人女性に対しての性的な差別は著しくあるという。実際に性差別の被害に遭った白人女性のビアンカさんにお話を伺った。

そして、彼女の話に出てきた “バーバリーマン” という韓国人男性の行動に、怒りを感じた取材班だった。

ビアンカさんは韓国で国際交流の仕事をすることになり、韓国のソウルで過ごすことになったという。しかし、すぐにひしひしと感じたのは、韓国人たちが自分に向ける鋭い視線だったという。「韓国人は白人女性を見ると、ロシアからやってきた娼婦だと思うみたいね。私を娼婦だと思って、何度も声をかけられたわ」と、差別と偏見でつらい経験をしていた日々を思い出しつつ語ってくれた。

なんでも韓国人男性は、娼婦だと思うとすぐに「お前、いくらだ?」「触らせてくれ」と、何の抵抗もなしに言ってくるのだという。また彼女は、娼婦にならセクハラをしてもいいと思っている韓国人が多いと語る。特に、高級コートを着てわざわざビアンカさんの前に出現し、コートを脱いで全裸を見せる韓国人が何人もいたのだという。「バーバリーのコートを着た男がいちばんキモかったわ」と、ビアンカさん。

ビアンカさんだけでなく、けっこう多くの白人女性がその手の男たちにセクハラをされているという。そのような男たちを白人女性たちはバーバリーマンと呼び、白人女性のなかでは有名だったらしい。確かに、ロシアから娼婦が多くやってきているかもしれない。しかし、それが娼婦だとしても一般の白人女性だとしても、差別をしていい理由はどこにもない。

もちろん、韓国人男性のすべてが差別的な変態とは思えないし、むしろ差別や偏見という行動を悪として生きる韓国人男性も多くいるだろう(実際のところ、韓国は人情に厚い人が多い)。そういう人たちからすれば、一部の心ない国民のせいで、国を悪く思われるのは本意ではないだろう。
 

元の記事を読む

■こんな海外のびっくり情報や記事があります