2009年2月3日、米映画「グリーン・ホーネット」の監督降板が伝えられたコメディスターのチャウ・シンチーが、ハリウッド版「カンフーハッスル」の製作に着手するという。写真はチャウ・シンチー。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group/g28222.html">

写真拡大

2009年2月3日、このほど米映画「グリーン・ホーネット」の監督降板が伝えられたコメディスターのチャウ・シンチー(周星馳)が、ハリウッド版「カンフーハッスル」の製作に着手するという。都市快報が伝えた。
「グリーン・ホーネット」は故ブルース・リーがかつて出演したドラマの映画化作品で、シンチーが監督兼ブルースが演じた「カトー」役での出演が伝えられていたものの、このほど降板が明らかに。その後、動向が注目されていたシンチーだが、映画「カンフー・パンダ」のジャック・ブラックとプラダを着た悪魔」の美人女優アン・ハサウェイと共に、ハリウッド版「カンフーハッスル」と言えるようなコメディ作品を企画しているという。「カンフーハッスル」は04年の香港映画。シンチー監督・主演によるアクション・コメディーで、世界的にヒットした。
【その他の写真】
中国メディアによるとシンチー、ジャック・ブラック、アン・ハサウェイの三者はすでに接触済み。現在、シンチーは脚本を執筆中で、07年の自身の監督映画「ミラクル7号」のようなSFタッチを加えながら、主要登場人物が「カンフーハッスル」と酷似した作品になる予定という。また、シンチーとジャック・ブラックの2人が、「カンフーハッスル」のシンチー&ラム・ジーチョン(林子聡)のように、ヤセ&デブの凸凹コンビを演じるという。(翻訳・編集/Mathilda)
【関連記事】
チャウ・シンチーがハリウッド監督デビューならず、「グリーン・ホーネット」降板―中国
チャウ・シンチーがハリウッドで監督デビュー!ブルース・リー出演作をリメイク―香港
映画人気トップはチャウ・シンチー、年間テレビ放映数で堂々1位に―台湾
「カンフーハッスル」のブタ小屋貧民街、リアルに現存!―上海市
チャウ・シンチー「募金公表は必要なし」、チャリティー映画制作も―香港