エンジニアは自作PCのどこにこだわるか?
既製品を購入するより自作で組んだほうが安かったデスクトップPCも、いまや BTOによって、以前より手軽に自分好みの製品を手に入れられるようになった。しかし、それでもまだ自作PCにこだわるエンジニアは多い。彼らは手間ひまかけて、なぜ自作PCを組むのか。アンケート調査から、その真相を探ってみた。

■はじめに 自作PCの魅力は「パーツ単位でのカスタマイズ」
 今回、Tech総研で200人の自作PCを組んでいるエンジニアを対象に、自作PCについてのアンケート調査を行った。自分好みのスペックで、安価に作れる自作PC。特にどんなトコロが魅力か聞いてみた。
 自作PCの魅力、その第一位は「パーツ単位でカスタマイズできる」というもの。パーツ単位で自由に組むことで、無駄な機能を削り、最大限に自分の求めるスペックを強化することができる。しかも故障したときにパーツを取り替えることで、メーカーに依頼して高額な料金と日数をかけることなく修理できることも、パーツ単位のカスタマイズにおける魅力のひとつとして挙げられた。なかには「完成品だとどのメーカーの部品を使っているのかわからない。それぞれ好きなメーカーの部品を使いたいから自作している(39歳 男性 生産技術、プロセス開発)」という声も。

 続いて第二位はコストパフォーマンスのよさ。こちらはバルク品やジャンクを利用して、拡張性よりも安価に作ることが目的のようだ。そして第三位、第四位は、「作るのが楽しいから」「PCの勉強になるから」という、まさにエンジニアらしい回答。「最近では既製品のほうが安価であることも多いので、結局のところ好きだから自作PCを使っているという理由が一番かも(31歳 男性 システム開発(汎用機系))」という声に代表されるように、パーツの組み合わせをあれこれ考え、組み立てていく過程を楽しむエンジニアが多いようだ。
 なお、少数意見ではあるが、「奥さんの目をごまかしつつ新しいPCを手に入れるため。ケースは10年前のものだが、中身はnForce430+Athlon 64 X2でVista Ready(39歳 男性 パッケージソフト・ミドルウェア開発)」という隠密派の存在も。見た目を変えずして中身を変えられるところも、またひとつの魅力なのかもしれない。


■特にこだわっているパーツは?
 パーツまでこだわれるのが、自作PCの魅力。すべてのパーツをハイエンドにしたいとこだが、どうしても予算は限られる。そんなジレンマと戦いつつ、自作PC派のエンジニアがどうしても譲れないパーツは何だろう。回答の多かったものからご紹介していく。

■第1位 CPU
 アンケート結果の第一位はやはりCPU。製品名まで聞いてみたところ、回答者の使用しているCPUは、Intel社のCore2QuadやXeonといった高性能の製品が散見され、その主な目的は「仕事」か「ネットゲーム」と両極端。どちらにしろPCを常時稼働させているケースが多かった。また、「あえてIntel社ではなく、価格を抑えてシェアトップに挑むAMD社のCPUを使用している(32歳 男性 サービスエンジニア)」という、メーカーへのこだわりを見せる声も目立った。

★ 子供用のPCも含め、複数のPCを使用しているのでファイルサーバを構築しているが、常時稼働にしたら電気代が上がったと言われたので、Pemtium- Mシリーズの753とか、CoreSoloのU1300とか、省電力ノートPCでしか使用されていないような低消費電力CPUを使っている。(37歳 男性 研究、特許、テクニカルマーケティングほか)

★ CPUは交換したくなったときには、規格が変わってマザーボードに対応していないことが多くほぼ全交換になってしまうことが多いので、CPUは最初にいいものをつけて3年くらい使っている。(32歳 男性 機械・機構設計、金型設計)