黒い筐体と婚ローラでイメージ一新したWii(25,000円)

写真拡大

 任天堂は、「Wii」と「Wii Fit」を特定保健指導システムの分野で利用する「Wii Fit からだチェックチャンネル」を開発。NEC、パナソニック、日立製作所の健康保険組合などで提供を開始する。

 任天堂は、Wii本体を用いて簡単に保健指導を受けられるインターフェースと、「Wii Fit」が計測する体重推移や運動データをインターネットを介して保健指導者へ提供する、Wii専用アプリケーション「Wii Fit からだチェックチャンネル」を開発した。

 「Wii Fit からだチェックチャンネル」は、NEC、パナソニックメディカルソリューションズ、日立の健康保険組合もしくは特定保健指導サービス機関向けに、2009年4月から提供を開始する。各社は社員やその家族向けに、自身の体重や運動データを参考にしたアドバイスを保険指導者から受けることができる健康支援サービスを提供する。

日立の遠隔健康指導基盤システムの概要図

 「Wii Fit」は、運動能力やBMIを測定できるバランスWiiボードを使って、健康管理や40種類のトレーニングができるWii専用ソフトで、2007年12月の発売以降、日本国内で300万本以上が販売された。

【関連記事】
利用してみたいネット端末1位は「テレビ」2位は「Wii」、変わるテレビの利用価値
写真の代わりに「Mii」を印刷した名刺もつくれる「Wii デジカメプリントチャンネル」
YouTubeが、WiiとPS3を通じてテレビで見られるようになりました
DSiの低年齢層ユーザーに人気、「うごメモはてな」の投稿数がはてな史上最速ペースで10万件突破