「失礼した」デーモン小暮″勇み足″の首相批判をブログで謝罪

写真拡大

 25日、横綱朝青龍の優勝で幕を閉じた大相撲一月場所で、相撲通として知られるデーモン小暮閣下がブログで"首相批判"を行い、その後、自らの誤りを認めて謝罪した。

 デーモンは26日未明、「ゆゆしき問題である!」として、麻生首相が表彰式において土足で土俵に上がったと指摘。デーモンによれば「通常、表彰式では雪駄履きの場合を除き『靴を脱ぎ、スリッパに履き替える』もの」であり、靴のまま土俵に上がった麻生首相を「そういうところに気がまわらないのも、今の支持率につながっているのではないか?」などと痛烈に批判。また、「周りの者も注意すべきであった」として相撲協会にもその矛先を向けた。

 このブログを受けてネット上ではさっそく動画や画像による検証が行われたが、実際には首相はスリッパを履いており、デーモンの指摘が誤りであることが判明。デーモンは同日中にブログで「吾輩の見当違いの発言であったことが判明したので、ここにその文章を削除するとともに、この場を借りて、麻生総理大臣と日本相撲協会に謝罪いたす」「失礼した」などと謝罪した。

 また同日、スポーツ新聞大手スポニチのニュースサイトがこの件について「デーモン小暮閣下、激怒! 麻生首相が土足で土俵に」として「麻生首相はそのまま土足で土俵に上がったのである」と写真入りで伝えたが、スポニチも当該記事をすでに削除している。


【関連記事】 「夢に出る!?」ネットで話題の"完済人"アノ人の素顔に迫る
【関連記事】 AV引退の紅音ほたるが語る「今後の夢」と「あのブログ事件」
【関連記事】 「X51.ORG」主宰・佐藤健寿のオカルトとネットを巡る旅
【関連記事】 矢口真里の壊れたデジカメが132万円で落札される!
【関連記事】 ロボット作って自ら操縦! 新感覚アイドル"ロボドル"とは?
【関連記事】 右手負傷の浜崎あゆみに各方面から非難轟々!
【関連記事】 "演技派AV女優"吉沢明歩の「私が肌を見せられるワケ」
【関連記事】 エリカ様と新会社もアリ!? あびる優が語る"芸能プロ"
【関連記事】 「エリカ様AV」発売禁止の裏に放送利権?