充電可能なエコカー!トヨタの次世代ハイブリッド開発

写真拡大

トヨタが97年に初めて量産型ハイブリッドカー、プリウスが世に出てからすでに10年以上。より高効率なシステムや外部電源から充電可能なプラグインハイブリッド(PHV)などの開発、コスト低減など、ハイブリッドカーのさらなる高機能化を目指す。

■充電可能なハイブリッド、PHVが拓くモータリゼーションの未来
 環境問題や資源・エネルギー問題が21世紀の世界の発展への大きなバリアとして立ちはだかる中、大量の資源・エネルギーを消費する道路交通セクターにおいて、省エネルギー、電気エネルギーを含む代替エネルギー利用技術の必要性が強く叫ばれるようになった。先端分野ではバッテリーに電気エネルギーをためて走る純電気自動車(EV)、水素エネルギーを利用する燃料電池車(FCV)などが注目されているが、エンジンと電気モーターを併用することで高い効率を実現するハイブリッドカー(HV)は、普及型の低燃費技術としてそれらに大幅に先行する形で社会に浸透しつつある。

 HVで世界のトップランナーとなっているトヨタ自動車は今日、ガソリンへの依存度をさらに減らすため、HVをベースにバッテリーを増載したうえで外部からの充電を可能にした、いわゆるプラグインハイブリッド(PHV)の開発を強力に推し進めている。
「昨年、プリウスをベースとしたプラグインハイブリッドの公道試験車を発表しました。今はもう毎日のように乗っていますよ」
 開発責任者を務める田中義和主査は語る。
「電気はいろんな資源から作ることができるのでエネルギー多様化につながります。また、原子力発電や再生可能エネルギーを使えば、総CO2排出量も低く抑えられる。2009年末までにフリートユーザーに向けたリース販売を開始する予定ですが、私たちの目標はそこに止まらず、将来的に一般のユーザーの皆様にコストメリットを求めて買っていただけることなのです」

 PHVの市販車は、現在テストを行っている試験車両とはまったく別の、新しいボディ、新しいパワーパッケージが与えられたモデルになる見通しだ。最も異なるのは、バッテリーが今日のトヨタの主力ハイブリッドシステム、THSのニッケル水素電池ではなく、よりたくさんのエネルギーをためられ、軽量コンパクトなリチウムイオン電池が採用されるということであろう。

 もっとも、ガソリンエンジンと2基のモーターを使って動力を発生させ、また減速エネルギーやエンジンの余分なエネルギーを電気エネルギーに変えてバッテリーに蓄えるという原理は同じ。バッテリーをリチウムイオン電池に換えて、バッテリーの搭載量自体も増やせばPHVなど簡単にできるのではとも思える。

「PHVはEVに比べるとずっとHV寄りのクルマですが、単にバッテリーを増載して充電器を乗せれば出来上がりというわけではないんです」(田中氏)
 通常のハイブリッドカーと最も異なるのは、充電や発電で得られた電気エネルギーのマネジメントであるという。……≫続きはこちら



■関連リンク
livedoor キャリア


■ケータイ関連リンク
モバイル版 livedoor キャリア