ユーザーが乗りたがる高性能EV(電気自動車)は私がつくる!
電気自動車は環境性能には優れていても、その分だけクルマ本来の性能や楽しさが相殺されている。そんなイメージをもつ人は少なくないのではないか。しかしそれは過去の話だ。加速性、巡航性、コーナリング、そして経済性まで、ドライバーにとっていいことずくめの未来自動車が走り出す。

■三菱自動車工業:困難といわれたEV市販化がいよいよ見えてきた
環境性能ばかりではない、EVは自動車の正常進化形だ

 地球温暖化をはじめ環境問題が深刻化している現在、その主要な汚染源のひとつといわれる自動車に関する技術革新のニーズは、ますます高くなるばかりである。ハイブリッド車、バイオエタノール車、燃料電池車など、さまざまな環境技術が提案され、一部は商品化もされている。その中で近年、技術の進歩によってにわかに注目度が高まっているのが、バッテリーにあらかじめ充電しておき、そのエネルギーで走るという古典的な電気自動車(EV)だ。
 三菱自動車工業(以下三菱自動車)は軽自動車「i」をベースとするEV「i MiEV(アイ・ミーブ)」を製作。電力会社などと共同で、i MiEVを路上で実際に運行する実証実験を行っている。現在走っているモデルは今年1月に公開された第2世代のもので、2006年にデビューした第1世代に比べて航続距離が130kmから160kmに伸びたのをはじめ、市販化に向けた改良が施されている。

 開発が行われている名古屋製作所の敷地内で、技術開発責任者を務める吉田裕明・MiEV技術部長が、Tech総研のライター、編集者、カメラマンの3人を乗せてi MiEVを走らせてくれた。一見すると普通の軽モデルと変わらないスタイリングだが、その加速力はなかなかすごく、スポーツカー的ですらある。しかも非常に静かで、フルスロットルで加速しても床下から「シュイイイ!」と小さな音がするだけだ。
「i MiEVのモーターの最大出力は軽自動車のターボモデルと同じ47kW。しかし、低速から大トルクを発生させる電気モーターのおかげで、発進加速はとても速いんです。しかもエンジン音がしないので、軽自動車であってもとても静かなのが特徴です」
 ステアリングを握る吉田氏はi MiEVの特性をこのように語り、さらに続けた。
「一度乗れば誰でも感じることだと思いますが、静かで速いというEVのドライブフィールは、エンジン車とはまったく違った、とても個性的なものです。当社はEVを環境技術の柱と位置づけています。もちろんCO2排出量がガソリン車の4分の1以下であるなど、環境性能も優れているのですが、そればかりではない。静かで速くて省エネルギーという特性は、まさにクルマの正常進化形だと思うんですよ。私がEVにハマった最大の理由も、純粋に自動車として面白いからなんです」

・実走テストで改良を重ね、市販に耐えるモデルに
 EV自体は、実は目新しい技術ではない。自動車が発明されて間もない19世紀末には、既にEVの第一号車が誕生している。日本でも古くから、多くの自動車メーカーによって電気自動車が作られてきた。
 それらがメジャーな交通手段として普及しなかったのは、自動車としての性能、信頼性があまりに低く、またコストも高かったからだ。最高速度は 100km/h前後、航続距離も100km程度というのが標準的なスペックで、充電にも長時間かかった。何よりネックとなったのが400万円、500万円も珍しくなかった価格だ。
 i MiEVの開発目標は、EVの普及の障害となっていたこれらのネガ的な要素を徹底的に解消することだった。動力性能が良好で航続距離が長く、かつ快適で価格も安いEVを作れば、環境対応車として市場に価値を認めさせるのは、決して不可能ではないと判断したのだ。