大相撲 オリンピックおじさん「朝青龍の調子は顔の表情でわかる」

写真拡大

 佳境を迎えつつある大相撲初場所。3場所連続休場後、復帰を果たしたものの、場所前には進退問題が騒がれていた横綱朝青龍が、12連勝で首位をガッチリ堅守している。いったいこの快進撃を誰が予想しただろうか。大の相撲フリークで朝青龍とも親交が深いアノ人が本紙だけに知られざる秘密を告白。復活Vに太鼓判を押した。

 やはりガケっぷちの男は強かった!?
 場所前のけいこ総見では東の横綱白鵬に1勝6敗と大きく負け越すなど、調整不足を露呈していた朝青龍。それでも「3度目(の途中休場)はない」と不退転の決意で出場すると、あれよあれよと勝ち星を重ねていった。
 今や進退問題などどこ吹く風。優勝候補の筆頭に躍り出て横綱としての面目を保っている。昨年3月の春場所以来5場所ぶり23度目の優勝も見えてきたが、この大活躍を誰が予測できただろうか。
 ところが、朝青龍の復活劇を信じていた男がいた。“オリンピックおじさん”こと山田直稔氏だ。
 山田氏といえば、40年以上相撲を観戦し続け、大相撲振興応援団長も務める。今場所も金のシルクハット、金のメガネ、金の扇子、日本代表ジャンパーという“正装”で連日、両国国技館で声援を飛ばしている。
 大の相撲好きの山田氏と朝青龍の関係は十両時代までさかのぼる。けいこ場を視察に訪れ、食事したこともある。日本とモンゴルの親善友好記念切手で“共演”を果たすなど親交は深い。

 そんな9年来の友人は、「白鵬は理にかなっている。朝青龍は粘りっていうか、根性だね」と今場所の両横綱を分析している。
 朝青龍の連勝については「マスコミに言われれば言われるほど反発する。やってやろうって力を出す男」と反骨心があるとみる。
 「とにかく下積み時代から鍛えていた人だった。倒されても倒されても向かっていった。人の3倍も4倍もけいこしていたよ。あんなにけいこをする人は見たことない。水平にふっ飛ばされても(受身で)手をつかなかったんだから」(山田氏)。若手時代のけいこ量が現在の強さの源であると指摘する。強さの秘密はそれだけではない。本紙だけにそっと耳打ちする。
 「顔を見ると分かる。横綱になって2場所目くらいかな、仕切りの一番最後、塩をとりにいくとき表情をグッとやるのは、なんでって聞いたことがあるの。そうしたら『(取組の)相手が母親をいじめてる奴だと思うようにしている』って言ってたよ」。相手を「親の敵」に見立てて闘争心を駆り立てているのだ。

 さらに山田氏は朝青龍の顔の表情で、その日の調子が分かるというのだ。今場所は「だんだん(絶好時の)表情が戻ってきた。大丈夫。まだまだ何回も優勝すると思うよ」と太鼓判を押す。
 朝青龍復活Vのカギは、“顔力”が握っている?

【他にはこんな記事も!!】
大相撲 朝青龍のホンネはVより景気
サッカー 岡田ジャパン誤算だらけ
大相撲 無傷の10連勝の裏に“魔法の薬”

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!