カレーの日にアキバ系“変り種レトルトカレー”はいかが?

写真拡大

“電気街”や“オタク”といったイメージが強い秋葉原だが、実はカレー屋が多いことでも有名。そんなアキバだからこそ、他にはないアイデア勝負のレトルトカレーも多い。そこで今回は、すでにアキバでメジャーとなっている商品も含め、改めて「カレーの日(1/22)」にぴったりなラインナップを紹介しよう。

他の写真も見る: 辛口か甘口か食べてみるまで分からない、その名も「ツンデレカレー」!

アキバが生んだアキバ食!「おでんカレー」(500円・税込)

秋葉原といえば「おでん缶」が有名。そんなおでんとカレーがコラボしたのが「おでんカレー」だ。具は大根、ちくわ、こんにゃく、うずらたまご、昆布、牛すじの6種。「“アキバみやげ”として、外国の方も買って行かれますね。発売して2年近くたちますが、今までに5万個ほど売れました」と語るのは、販売元、大藤の広報。外国の方にも人気の「おでんカレー」、摩訶不思議な味を体験したい人は要チェック!

甘いの? 辛いの? どっちなの?「ツンデレカレー」(683円・税込)

1箱の中に、「辛口(ツン)」と「甘口(デレ)」の2種類が入っているという、何ともユニークなカレー。食べるまで判別不可能というのもおもしろいところ。昨年の12月発売以来、男女問わず人気だという同商品は、以前開発した「ツンデレクッキー」が好評を得たのがきっかけで生まれたという。味で“ツン”と“デレ”を表現したアイデアカレー、あなたはどっちの味がお好み?

遠方から買い求めに来る人も!「萌カレー」(500円・税込)

メイド服の企画や販売などを行うキャンディフルーツが作った“萌え系”カレー。見た目とは裏腹に、隠し味としてジャムが入っているという本格派。なんでもインドのチャツネのように深い味を引き出してくれるのだとか。遠方からわざわざ買い求めにくる人もいるという「萌カレー」は、アキバみやげを通り越して東京みやげとしても認知されるかも。

レトルトカレー一つとっても、アイデアが溢れている秋葉原。アキバ好きな人もそうでない人も、「カレーの日」をきっかけに、いつもと一味違うラインアップを楽しんでみては? 【東京ウォーカー/安藤真梨】

【関連記事】
イチローも実践する「朝カレー」で脳を活性化! (東京ウォーカー)
ルーと相性抜群!カレー専用の米「華麗舞」発売 (東京ウォーカー)
話題の金沢カレー「チャンカレ」を都内で唯一味わえるメイド喫茶 (東京ウォーカー)
宇宙食も!六本木の“宇宙カフェ”で宇宙体験 (東京ウォーカー)
55円!ゴーゴーカレー秋葉原店オープンに300人行列 (東京ウォーカー)
麻生首相が帰ってきた! 秋葉原で街頭演説 (東京ウォーカー)