大相撲 白鵬4連覇へ気力充実

写真拡大

 同じく横綱白鵬は、磐石の相撲で小結稀勢の里を退け8連勝。無敗で首位をがっちり堅守し、4場所連続優勝を視界に捉えた。

 優勝候補の大本命はいたって冷静だった。2度の仕切り直しを経て迎えた稀勢の里との一戦。立ち合いで相手の強烈な張り手を食らうも、落ち着いて対処する。そのまま腕を取ると最後は押し出しで勝利。全勝で中日を折り返した。

 横綱朝青龍の取り組みを見届け、支度部屋に戻ってきた白鵬は「マイペースでやっています」と淡々と話す。張り手を受けた場面も「やってるときは冷静。終わってからこのヤローって気持ちはあったけど」と余裕で振り返った。

 相撲内容は日に日に安定感を増している。休み明けの朝青龍より先に負けられないという意地もある。全勝ターンは昨年の7月名古屋場所以来だが「あとは気持ちだけ。一番一番集中して、4連覇を達成したい」とキッパリ。9日目の相手は6戦負けなしとお客さんの把瑠都。自身初の4場所連続、10度目の優勝に向けて抜かりはない。

【他にはこんな記事も!!】
大相撲 朝青龍V見えた 圧巻の完勝劇で6連勝
大リーグ 上原の野望…開幕戦で松井秀斬り
元川悦子のサッカー魔法陣(4)

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!