昨年12月15日からサービスを開始した『携帯ぱずる倶楽部』。エンジョイコア・ゲームズが運営するこのサイト、単なるパズル・カジュアル・ボードゲーム専門サイトではない。同サイトでは現在6アプリが公開されており、全150面のマス埋めパズルや全50ステージのパズルゲームなど、ぱっと見はいずれもクリアするだけで一苦労しそうなクセのあるものばかり。しかし、可愛らしいキャラクターや感覚的に解き進められるものなど、カジュアルユーザーや女性にも受けそうな幅広く楽しめるというコンテンツなのだ。




 テトリス等のいわゆる“落ちゲー”が多くを占めるモバイルゲーム業界。そんな業界へ新しいパズル・カジュアル・ボードゲームを提供すべく、企画からスタートまで一年の歳月をかけ、独自テイストや新しい視点を持つアプリを集めたという『携帯ぱずる倶楽部』




(c) 2008 ENJOYCORE All Rights Reserved
(c) 2008 FDG Entertainment GmbH


果たして、市場に新風を吹き込むことができるのか?『携帯ぱずる倶楽部』ソフトピックアップの裏舞台を徹底追求した。

 『携帯ぱずる倶楽部』で公開されるソフトは、携帯アプリとして既に海外で公開されているアプリや企業間の紹介などにより、独自目線でピックアップされる。モバイルゲームを“やり込んだ”社内スタッフ6〜7名による、“目新しさ”“クオリティ”などの厳しいハードルをクリアできれば、ローカライズを経て晴れて『携帯ぱずる倶楽部』での配信開始となるという。





(c) 2008 ENJOYCORE All Rights Reserved
(c) 2008 FDG Entertainment GmbH

 しかし、一番大変なのがこのローカライズ作業だ。日本のユーザーに合わせた難易度の調整や、バランスの調整、キャラクターのブラッシュアップなど、独特のよさを残しつつ日本で受け入れられる形に修正するのに日夜苦労をしているそうで、この作業だけで2〜3ヶ月弱の期間を要するものもあるという。記者はPC版の海外ゲームをよくプレイするが、確かに、海外ならではのキャラクターを用いているものや、内容がいいのにインターフェースやバックグラウンドが残念なもの、レベルと難易度のバランスが悪い不思議なゲームに遭遇することが良くある。すでに出来上がっている作品をオリジナルのテイストを活かしつつ国内向けにカスタマイズするというのはそれだけ困難な作業なのだ。





(c) 2008 ENJOYCORE All Rights Reserved
(c) 2008 FDG Entertainment GmbH


 こういったピックアップ作業について、エンジョイコア・ゲームズでは「既に大うけしているゲームだけでなく、あまり広く知られていないゲームの中にも原石は眠っていますから、法人個人やプロアマ問わず幅広く作品を探していきたいですね」と、『携帯ぱずる倶楽部』から新たなブームを巻き起こすことにも意欲を見せている。今現在、ピックアップは携帯アプリを中心にしており、今後もダイヤの原石”の発掘を試みる予定だとか。
 同サイトでは、今年の春を目処にドイツで爆発的な人気を博したボードゲーム『カタン』の配信も予定されている。『カタン』は1995年にドイツで発売され、地元ドイツで年間ゲーム大賞の大賞を受賞、シリーズ化や各国語版の発売など大ヒットとなり、日本でも日本語版ボードゲームやビデオゲームとして幾度も商品化されている人気ゲームだ。 正式名称は『Die siedler von Catan』で、一つの島を開拓し発展させるという内容の良くあるシミュレーションゲームなのだが、戦略性や運などのゲームバランスの良さで多くのファンを有している。『携帯ぱずる倶楽部』配信予定の『カタン』はスタンドアローン版となるが、日本のユーザー向けにブラッシュアップされたキャラクターが登場する予定というので、新たな『カタン』の世界を楽しめそうだ。

 現在はdocomo(FOMA(R) 901シリーズ以降/702〜メガiアプリ対応端末)のみ対応となっている同サイトだが、2009年は順次yahoo!ケータイやauでのサービスも行っていくというので、docomoを持っていないと残念に思った方はもう暫くの辛抱だ。

 エンジョイコア・ゲームズでは、今後はパブリッシャーとしても新たな展開を進めていくという。その第一歩として、春以降には、自社謹製のオリジナルゲームを『携帯ぱずる倶楽部』で配信予定というが、どんなゲームが提供されるのかと今から期待大である。来月2日にはネットワーク対戦が出来るRPGを集めたサイトも公開予定など、今後はカテゴリを絞ったゲームサイトを提供していくという同社。真のエンターテイナーとして我々を楽しませてくれる企業が『携帯ぱずる倶楽部』オープンと共に、高らかに名乗りを上げたというところだろう。従来のパズル・カジュアル・ボードゲームでは満足できないと嘆いていたユーザーは、是非、『携帯ぱずる倶楽部』のひと癖もふた癖もあるアプリで自身の腕を試してほしい。
(編集部:北島要子)

【参照】
『携帯ぱずる倶楽部』概要
・対応キャリア:NTTドコモ
・サービス価格:315円/月(税込)ポイント制
・ジャンル:パズル・カジュアル・ボードゲーム
・対応機種:FOMA(R) 901シリーズ以降 702〜メガiアプリ対応端末
・サービス開始:2008年12月15日
・アクセス方法:メニューリスト>ゲーム>パズル>『携帯ぱずる倶楽部』
『携帯ぱずる倶楽部』モバイルサイト
『携帯ぱずる倶楽部』PCサイト

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!