あだち充の人気漫画「クロスゲーム」が、今春テレビアニメ化されることとなった。あだち充と言えばこれまでも、「みゆき」、「ナイン」、「タッチ」、「陽あたり良好!」、「H2」などスポーツ(特に野球)とラブコメディを絡めた作品がアニメ化されてきた。今回の作品も野球漫画となっている。「タッチ」や「H2」に並ぶ代表作となるだろうか?


スポーツ用品店の息子、樹多村光が主人公。バッティングセンター&喫茶店「クローバー」の月島四姉妹とは幼馴染である。しっかり者で月島家の大黒柱的存在の長女、一葉。光と誕生日が一緒で大の仲良しの次女、若葉。運動神経抜群で光とはウマが合わない三女、青葉。中学生の四女、紅葉。光が小学5年の夏、次女の若葉が突然の事故でこの世を去ってしまう。

 高校生になった光は、若葉が夢に見ていた甲子園をめざして星秀学園高等学校の野球部に入部する。そこで、エースとして奮闘する。そんな時、光たちの前に亡くなった若葉そっくりな少女・あかねが現れる。光たちの恋愛と甲子園への道のりは・・・。

 あだち充の作品は、「陽あたり良好!」、「泣き虫甲子園」、「じんべえ」、「H2」が実写ドラマ化。「みゆき」、「タッチ」、「ラフ」が実写映画化されている。今回「クロスゲーム」もアニメ化で人気が出れば、実写化の道もあるかもしれない。しかし、個人的意見を言わせてもらうと、やはりあだち充作品は、漫画やアニメの方が良いように思えてならない。

(編集部:MAKI)

【関連記事】
コナン君と金田一少年、”疫病神”はどちら?
サムライアニメ!?「明日のよいち!」。DVD第1巻発売!!
2008年の漫画全巻ドットコム年間売上 「20世紀少年」が堂々のトップ
医学博士が真相解明!「あしたのジョー」は”アノ”後も生きていた。

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!