CBC・TBS系では、地球環境についての問題意識を根底に持ちながら1周約4万kmの赤道をたどるドキュメント「赤道大紀行」を1月24日(土)に放送する。その放送に先立ち、13日、都内で制作発表会見が行われ、旅人の西村雅彦と企画・制作を担当したCBCの藤井稔氏が出席した。

同番組は、'08年1月に放送された「赤道大紀行」の第1弾「南米大陸横断編」の続編。今回は、“人類誕生の地”であるアフリカを旅する。ケニアの東海岸地区を出発し、“地球の割れ目”と呼ばれるケニアの大地溝帯、1枚の岩を削って作られた岩窟教会があるエチオピアのラリベラ、147平方キロメートルの森の中に250頭のチンパンジーが生息するウガンダのカリンズ森林保護区などを巡る。

前回の旅で西村は、湿気がひどかったせいで体調を崩して体重が7kgも減ってしまったそう。

続きを読む