はてなは、「うごメモはてな」に投稿された作品数が1月8日に10万件を突破したと発表。サービスリリース後16日目での大台到達となったが、これははてなの全サービスの中で最速のペースとなっている。

 2008年12月24日にスタートした、はてなと任天堂の協業事業「うごメモはてな」は、ニンテンドーDSiの無料ソフト「うごくメモ帳」で描いたパラパラマンガのような作品を、パソコンや携帯電話から閲覧できるサービス。

 低年齢層のユーザーを中心に投稿数が増加しており、特に、ニンテンドーDSiからの利用が活発となっているという。ニンテンドーDSi上の公開掲示板サービス「うごメモシアター」の利用者は、直近で毎日1人あたり平均で約100作品を閲覧し、約180個の☆(星)をつけるなど、活発な活動を行っている。

 また、「うごメモシアター」にアクセスしたすべてのニンテンドーDSiユーザーのうち、38%のユーザーが作品を投稿しており、ユーザーの参加率の高いサービスとなっている。

【関連記事】
まさかの京都つながり 任天堂とはてながコラボレーション
はてなブックマーク、リニューアルの成果はいかに?
「技術者中心のユーザー層から一歩先へ」 はてな、「はてなブックマーク2」発表
はてなブックマークが11月25日に生まれ変わります