ジェネオン エンタテインメント(本社:東京都渋谷区)は1月7日、iPodと連動する音楽配信サービス『iTunes Store』で、アニメ関連のアーティストによる音楽を世界規模で配信開始したと発表した。北米や欧州、オセアニア地域など22カ国に及ぶ。

ジェネオンは、1981年にレーザーディスク株式会社として設立。映画やアニメなどの制作やDVD販売を手がけ、2003年に電通傘下に入ったのを機にパイオニアLDCから現在の社名に変更した。英Universal Pictures International Entertainment(UPIE)社日本法人と2008年3月から販売提携し、Universal社の新作DVDなどを販売しており、2009年2月に合併する予定。

日本国内での音楽配信は、以前から実施。海外配信も合併発表前から始めており、2008年末に米国やカナダなどを含む各国へ波状的に広げ、すでに22カ国に達しているという。海外配信する音楽作品とアーティストは、『灼眼のシャナ』オープニングテーマ『being』(KOTOKO)、『灼眼のシャナII』オープニングテーマ『JOINT』(川田まみ)、『BLACK LAGOON』オープニングテーマ『Red fraction』(MELL)などで、総作品数は非公表。

今後はアニメのサントラ、キャラクターソングをはじめ、パートナーレーベルからの受託作品の配信を予定しており、同社では「日本が誇るコンテンツを海外のユーザーに手軽に届け、豊富なコンテンツを楽しんでもらう」としている。

  • 『アフロサムライ』:日本の同人漫画のアニメ化が米国で人気、続編も2008年11月20日
  • 日本アニメのハリウッド映画化企画が続々と:その成否は?2008年5月9日
  • 全米最大のアニメイベント:世界最大の人気ブロガー「しょこたん」も出演2008年6月30日
  • 河口湖で『楽器挫折者救済合宿』:アニソン限定、バンド演奏レベルを約束2008年9月10日