実質上体験版に等しい「グランツーリスモ5プロローグ」を2007年12月に発売して以来、細かいアップデートを繰り返して現時点では「グランツーリスモ5プロローグ Spec III」となってます。

で、正真正銘の本体となる「グランツーリスモ5」がPS3で発売されるのは早くても2010年と言われており、ファンを待たせまくっているわけですが、現在開催されているCES2009にて、3Dによる立体映像版のグランツーリスモっぽい映像が流されていたことがわかりました。

詳細は以下から。
AutoGaming >> Future Gran Turismo Titles In 3D Vision?

CES 2009: Sony teases with high-quality PS3 3D

ソニーのブースでは現在、技術展示の参考出展として「3D映像の世界」というのがあり、液晶テレビや4K「SXRD」プロジェクターを使った映画、スポーツ、ゲームなどの3Dコンテンツのデモが行われており、その中でグランツーリスモっぽいゲームタイトルの3Dでもがあるそうです。

これがその画面


専用のメガネ


このことから、ソニーが今後、3D映像にさらに注力していくのであれば、グランツーリスモの3D版というのも十分にあり得るのではないか?としています。

なお、ディスプレイのまわりでは3D映像を見ている観客が「ooohs」とか「aaaahs」とか叫んでいたそうなので、現時点で既にかなりのクオリティに達しているようです。

・関連記事
立体映像による「立体テレビ」の放送が2025年に開始予定 - GIGAZINE

Dreamworks新作映画に向けて、立体映像対応の映画館が大幅増へ - GIGAZINE

ついに3次元立体映像を実現した「Cheoptics360」 - GIGAZINE

アニメが立体化?パナソニックが高画質な3D映像を楽しめるBlu-rayディスクを発売へ - GIGAZINE

立体物を自動作成できるオープンソースの3Dプリンタ「Fab@Home」 - GIGAZINE

記事全文へ