現在開催中のCES2009にてマイクロソフトが発表したところによると、Xbox Liveで自作のゲームを販売することができるマーケットプレース兼ゲーム開発キットとして「KODU」というものを2009年中盤(早ければ2009年3月)にも開始するとのこと。要するにiPhoneの「App Store」みたいな感じで、自分で作ったゲームを販売して儲けることができるというわけ。上記画像がその起動画面。

詳細は以下から。

2009/01/08 22:29、12才の少女の写真を追加
Steve Ballmer's State of Microsoft Keynote at CES 2009 - PC World

Create and sell your games on Xbox Live - KODU | PickMore


「KODU」の画面はこんな感じ


この「KODU」はソーシャルネットワークのプラットホームとして設置され、子どもでも大人でも変わりなく自作のゲームを開発して販売することができるようになっており、プレゼンテーションでは12才の少女Sparrowちゃんが実際に自作ゲームを開発して一緒にプレゼンターと遊ぶというデモを行ったとのこと。


がんばってます


ちなみに以前にGIGAZINEでも「マイクロソフト、秋からXbox360向けに同人ゲームを販売可能に」ということで紹介しており、そちらの方は既に100タイトルを超えるゲームが出てきており、今回の「KODU」はそれらをさらにてこ入れするため、7才から70才までのユーザーが自分でゲームを開発することを可能にするものだそうです。

・関連記事
Blu-rayドライブを採用したXbox360が登場するかも - GIGAZINE

Wii、PS3、Xboxなどの全世界売上グラフを見ることができる「Videogame Charts」 - GIGAZINE

Xbox360、PS3、Wiiの消費電力を詳細に比較してみる - GIGAZINE

Xbox360を死亡させる耐久実験ディスクが流出中 - GIGAZINE

ついにXbox360の故障率の高さでマイクロソフトが集団訴訟を提起される - GIGAZINE

記事全文へ