2006年11月から全国のアミューズメント施設やゲームセンターで稼働中のドームスクリーン式戦術チーム対戦ゲーム「機動戦士ガンダム戦場の絆」がPSPで発売されることになった。モビルスーツの操縦席を模した大きな筐体で、パイロットの気分を楽しめる同作だが、携帯ゲーム機のPSPでどのようにその魅力を再現するのか注目が集まる。発売日は3月26日。

「機動戦士ガンダム戦場の絆」は稼働開始から2年が経過した現在も絶大な人気を得ているアーケードゲーム機。「あのガンダムに乗ることができる」をコンセプトに、上下左右 180度のドームスクリーンを備えた半球型のゲーム機に乗り込み、両手足を用いてモビルスーツを操作する独自のプレイスタイルを特徴としている。

PSP版では同作の通信対戦機能を軸に、携帯ゲーム機向けにアレンジ。ワイヤレス通信機能を使用して4人対4人(最大8人)の同時プレイができる。チームメイトや対戦相手はプレイヤーの実力に応じて自動的にマッチングされるので、実力伯仲の白熱したチームバトルを楽しめるという。(※ゲームシェアリング機能を使用した場合は、ソフト1本で最大8人でのプレイが可能。ただしモビルスーツの使用制限あり)

また、1人でも楽しめるよう、家庭用のオリジナルモードも収録。遊びながらゲームのルールや操作方法を覚えることができる初心者向けのチュートリアルミッションや、上級プレイヤー向けの難易度の高いミッションなどを楽しめる。

気になるのはアーケード版とは大きく異なる操作性だが、モビルスーツの操作は、方向キーで移動、○×△□などのボタンで攻撃を行う操作を採用したほか、左右のレバーやフットパネルをPSPの各ボタンに対応させることで、アーケード版に近い操作方法を再現する予定だ。