「Wiiの間チャンネル」イメージ

写真拡大

 お茶の間ならぬ、リビングルームのWiiを通じて家族のコミュニケーションを活性化させる新しい動画配信サービスが、2009年春にスタートする。

 新しい動画配信サービス「Wiiの間チャンネル」には、家族の分身ともいえるゲームキャラクターの「Mii(ミー)」が登場し、そこで起こるさまざまなイベントを通して利用者が能動的に動画を中心としたコンテンツを体験することができる。

「Wiiの間チャンネル」イメージ

 このサービスはWii本体をインターネットに接続し、「Wiiショッピングチャンネル」から無料の「Wiiの間チャンネル」をダウンロードすることで利用可能になる。2009年春にサービスを開始した後、2009年夏頃からはオプションサービスとして有料コンテンツの配信も検討しているという。また、電通は新サービスのコンセプトに賛同する企業の参加によって、生活者と企業間の新しいコミュニケーションサービスの展開も進める。

 Wiiは、2008年9月末時点での世界出荷台数が3455万台に達しており、利用者の8割強の家庭でリビングルームのテレビに接続され、約4割がインターネットに接続している。国内での反響によっては、海外展開の可能性もありそうだ。

【関連記事】
利用してみたいネット端末1位は「テレビ」2位は「Wii」、変わるテレビの利用価値
富士ソフト、WiiでVODが楽しめる「みんなのシアターWii」を12月発売
写真の代わりに「Mii」を印刷した名刺もつくれる「Wii デジカメプリントチャンネル」