今年はおさまりつつあったDSブームも、11月1日に発売された新型のDSi発売をきっかけに再び売れ始めた。
今回任天堂の広報の方へいくつか取材をさせていただいた結果、DSiウェアで予定されているソフトや、DSiのカラーバージョンについて情報をいただく事ができた。

まずは発売と同時にダウンロードサービスの始まったDSiウェア。
24日からは一気に13タイトルが配信開始となったが、今後の予定については、「秋のカンファレンスで挙がったタイトル」の他に、「ロセンス」というタイトルと、「アートスタイル」シリーズの新作何点かも用意されているらしい。
それぞれの詳細については今後の発表待ちといったところだろうか。

続いて一部のユーザーの間で、
「ニンテンドーポイントをWiiとDSに登録した後も共有できれば便利」
という事が言われているが、その点について現状では共有化は考えていないとの事だった。
ただし、ユーザーからの要望が多いようであれば検討も考えるそうなので、不便だと感じたユーザーはどんどん任天堂へ意見を送ってみよう。

最後に現在2種類しかないDSiのカラーバージョンについては、
「楽しみにお待ち下さい」
との答えをもらえた。発売時期やどのようなカラーが登場するのかについても、今後の発表をお待ち下さいとの事。
現在発売されているカラーに魅力を感じない、または別のカラーが欲しいという人には朗報だろう。
すでに本体を持っている人も、思わず欲しくなるような新色の登場に期待だ。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
ファミ通AWARDS2008では任天堂が消える?
ハドソン、懐かしの連射測定器付時計「シューティングウォッチ」を20年の時をへて復刻発売
ファミコン世代垂涎。シュウォッチ再販へ。
真・女神転生IMAGINE。今度は「ザテレビジョン」と異業種コラボ

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!