有限会社エンターテインがアニメファン900人以上に行った調査の結果、2009年1月から放送される新作の期待度ランキングNo.1に「みなみけ おかえり」が輝きました。なんと支持率は32%で2位に10%の差を付けています。

2位は「続・夏目友人帳」、3位は「宇宙をかける少女」、4位は「鋼殻のレギオス」、5位は「マリア様がみてる(4thシーズン)」となり、トップ5のうち3作品が続編ものという結果になりました。

詳細は以下から。
有限会社エンターテインが運営するアニメしませんか?ブログにて登録メンバーや閲覧者を対象に2009年1月から始まる新作アニメの期待度投票を行った結果が明らかになりました。ランキングは以下の通り。

1位:みなみけ おかえり(323票)
2位:続・夏目友人帳(221票)
3位:宇宙をかける少女(142票)
4位:鋼殻のレギオス(141票)
5位:マリア様がみてる(125票)
6位:まりあ†ほりっく(117票)
7位:黒神 The Animation(99票)
8位:ヘタリア(90票)
9位:アキカン!(87票)
10位:ドルアーガの塔 the Sword of URUK(71票)
11位:メジャー第5シーズン(63票)
12位:WHITE ALBUM(61票)
13位:源氏物語千年紀 Genji(60票)
14位:はじめの一歩(56票)
15位:明日のよいち!(53票)
16位:鉄腕バーディーDECODE 2期(47票)
17位:スレイヤーズ EVOLUTION-R(46票)
18位:屍姫 玄(39票)
19位:獣の奏者エリン(30票)
20位:VIPER'S CREED(21票)
21位:RIDE BACK ライドバック(17票)

トップの「みなみけ おかえり」は投票者の1/3の票を集め支持率32%。完全新作としては「宇宙をかける少女」が3位に入る健闘を見せています。

回答者数は981名、うち男性が657人、女性が324人。年齢・職業別で見ると、小学生(9才〜12才)が49人、中学生(13才〜15才)が167人、高校生(16才〜18才)が167人、専門学生(19才〜20才)が29人、大学生(19才〜22才)が196人、フリーター(18才〜29才)が59人、フリーター(30才〜40才)が20人、社会人(18才〜29才)が157人、社会人(30才〜40才)が88人、40才以上が49人。

どうやらアニメファンは「どうなるのか見てみないとわからない未知の作品」よりは「前作があって安心してみられる続編」の方に期待を寄せる傾向があるようです。ここであまり票の伸びていない続編にはそれなりの理由がありそう。

・関連記事
2009年冬期(新春)放送開始の新作アニメ一覧 - GIGAZINE

ヤングガンガン連載中の麻雀漫画「咲 -Saki-」がGONZO制作でアニメ化 - GIGAZINE

押井守原案の「宮本武蔵―双剣に馳せる夢―」、コミックマーケット75で前売特別鑑賞券を先行販売 - GIGAZINE

鋼の錬金術師新シリーズ「鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST」2009年4月からMBS・TBS系列にて放送開始 - GIGAZINE


記事全文へ