ゲーム市場のトレンドは「スポーツより音楽」:米Atari社社長の語る新戦略

写真拡大

philharrison.jpg

ビデオゲーム市場は不況に強く、さらに、「音楽」関連のゲームの売上げが「スポーツ」関連ゲームの売上げを追い抜いている。ゲーム企業の幹部たちが楽天的なのはこのためだ。

そして、音楽ゲームというジャンルの開発が進む中、ゲームと音楽が新たなレベルで融合することによって、まったく新しい芸術形式が生まれる可能性があると、米Atari社の社長Phil Harrison氏は説明している。

「音楽は常に、ゲームのサウンドトラックとして存在してきた」と、Harrison氏は『VentureBeat』に語っている。「サウンドトラックが使われる前、ゲームの初期の時代においてさえ、プレイヤーはレコードやカセットテープを再生し、音楽を聴きながらゲームをプレイしたものだ。現在は、異なるジャンルや経験をさらにシームレスに統合する技術によって、音楽、双方向性、グラフィックスの相性が非常に良くなっている。最新のゲーム機では、音楽、音楽の演奏、音楽の機能を自然に組み合わせることができる」

Harrison氏は今後の展望として、ゲームと音楽がまったく新しいものを作り出していくだろうと考えている。音楽ビデオゲームにより、ユーザー同士が互いにつながり、交流できるからだ。

「音楽とゲームの未来は、明らかにオンラインにある。ユーザーはネット上に、音楽、音楽演奏、双方向性およびコミュニティーを持ち込めるようになる。具体的に言うと、コンテンツを制作したり、ダウンロードしたりできるということだ。完全に新しい芸術形式が生まれる可能性があると思う。だが、この話はやめておこう。これについては何時間でも語れるからだ」と、Harrison氏は述べた。

実際のところわれわれは、Harrison氏のこの話をぜひ聞きたいと思って、新しい芸術形式に関する同氏とのインタビューの準備を進めているところだ。この芸術形式とは、動画や、ユーザー生成の楽器に関連するものかもしれない。

今回のインタビューの他の部分で、Harrison氏は次のように述べている。「(『Guitar Hero World Tour』の)経験は、実際に素晴らしいものだが、それでもまだ、接続する楽器の機能に限定されている。もしコミュニティ、動画アップロード、演奏アップロードを利用できるようになったら、自己表現したものや、友人や世界中の人たちと共有したものは大きな力となる」

[VentureBeatの記事によると、Harrison氏はSony Worldwide Studios社の元社長。Sony時代にはカラオケベースの『SingStar』や、ユーザー参加型の『LittleBigPlanet』などを推進してきた]

WIRED NEWS 原文(English)

  • 『Guitar Hero』動画が人気:「セクシーCM」と「自転車で再現」2008年11月21日
  • 『Aerosmith』が主役:音楽ゲーム『Guitar Hero』新作2008年2月19日
  • 米ギブソン社、『Guitar Hero』開発元など提訴2008年3月25日
  • PS2用ゲーム『Guitar Hero』でロックスター気分を満喫2005年11月24日
  • 『E3』音楽ゲーム・レビュー:イチ押しはカラオケ+DDR2005年5月25日