もしかしたら、もうクイズソフトは買わなくて良いかも知れない。WESEEK, Inc.が提供しているオンライン対戦クイズ「ふるふるご〜すと 」は、2000問以上のクイズが無料で楽しめ、ダウンロードなしでプレイできるサービスである。





「ふるふるご〜すと 」(略称=QFG)は、ブラウザのみで手軽に楽しめるオンライン対戦クイズゲーム。「1人でさくさく」「2人でタイマン」「4人でサバイバル」「8人でトーナメント」「16人でトーナメント」の5つのモードがあり、最大16人でリアルタイム対戦が可能だ。
12月5日に新機能が追加され、対戦相手が現れるのを待っている間、しりとりで遊ぶこともできるようになった。ありきたりのしりとりではなく、対戦相手の反応は予測不可能(さすがシステムだけあって人間ワザではない答えをするのだ)である上に、双方の答えた単語がイラストでも登場するという楽しいしりとりだ。筆者も遊んでみて、「こんと」→「とんかち」と答えたら、「とんかち」の絵が表示された。




クイズは色々なジャンルからランダムに出題される。取材に当たって早速プレイしたが、「学問」「マンガ・アニメ・ゲーム」「スポーツ」 「芸能」 「雑学」 といった様々なジャンルから四択で出題され、回答は早ければ早いほどポイントが高くなる。
なぜか、スペイン語とかポルトガル語に関する出題もあったりするのが面白い。友達と知識を競い合うスリリングな時間が楽しめる。


サイトにアクセスするとわかるが、Flash仕立てなので、BGMは鳴る、キャラが動く(今後、しゃべる予定らしい)、リアクションもするで、ゲームソフトと変わらない。
今後は、チーム戦、ギルド戦などの対戦モードが増えたり、部屋作成+準備OKボタン+キック機能が装備されたり、「特定のジャンル偏重ゲーム」が突発的に起こるといった、様々な仕掛けを開発中だ。
クイズの数も、どんどん増やして7万問以上に拡張する予定だそうだ。70000問といえば、10問出題で一日10回遊んでも、1年間は楽しめる計算だ。
もし、「こんな仕掛けがあったら」というリクエストがあったら、「なんでも掲示板」にリクエストしてみるといいかもしれない。




これだけの本格的なゲームがなぜ無料で提供されるかといえば、ゲーム内広告という形で収益化を図っているからである。
というのも、ネットにおいて「自然に見てもらえる」広告を打つのは簡単なようで難しいのである。たとえばSNSにやたらとチカチカするバナーを貼っても、はっきりいって邪魔なので無視される。
ネット広告も単にバナーを貼るという時代は終わり、いかにしてクリックしてもらえるかを考えなければならない。ブログに、エントリと連動した商品紹介アフィリエイトタグを貼ってもらうのも有効であるが、さらに強力なのが、ユーザーが集中していて、ほっと一息するタイミングで短い広告Flashを見せるという仕掛けである。

「ふるふるご〜すと 」では、10問の出題が終わってスコアが表示され、「さて、次の対戦に移るか」という絶妙のほっとタイミングで広告が表示される予定である。
広告出稿主にとっても魅力的なオンラインゲームと言えるだろう。
2009年1月から、クイズ広告デモが行われる予定である。出稿費無料で広告を出し、ユーザの反応を見るという実験なので、協力してくれる広告主を募集中である。
せっかくの無料なので、手持ちのバナー広告のある会社は、出稿してみてはいかがだろうか。

クイズ ふるふるご〜すと 公式HP
なんでも掲示板
ゲーム内広告掲載のお問合せ先

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!