発売以来安定して売れ続けており、今年も据え置き型ゲーム機として販売台数1位に輝いた任天堂の「Wii」ですが、1台売るごとに任天堂が得られるおおよその利益が算出されました。

また、任天堂が高収益になるカラクリのほか、ソニーのPS3やマイクロソフトのXbox360についても言及されています。

詳細は以下の通り。
MyWii News - Nintendo Making $6 dollars on Every Wii Sold

この記事によると、任天堂は現在までに世界中で3500万台のWiiを販売したそうです。これはほぼ同時期に発売されたPS3の1300万台と、1年半ほど先行して発売されたXbox360の2300万台と比較してもかなり高い数字となっています。

また、この高い販売台数の背景には任天堂が販売戦略として、中年世代に運動の場を与える「WiiFit」のようなソフトを提供していることや、誰でも手に入れられる価格帯でゲーム機を提供することを優先していることが、ライトユーザーを取り込むことにつながったとしており、そして現在Wiiを1台販売することで得られる利益はおよそ6ドル(約556円)となると推定されています。

なお、発売当初1台を製造するのに535ドル(約5万円)かかっていたXbox360や、840ドル(約7万8500円)かかっていたPS3についてですが、Xbox360は発売3年を経た現在、ようやく製造コストと販売したことで得られる利益が損得差し引きゼロの状態になったとしており、発売2年となるPS3はまだ販売することで損失が出る状態だとしています。

つまり初期モデルからPS2との互換性を維持するためのチップセットを排除してコストダウンを図った現行モデルのPS3は、来年以降に損得差し引きゼロの状態に近づいていくということでしょうか。

ちなみにゲーム機本体を販売だけでも利益が出るようになっているWiiですが、「グランド・セフト・オート」や「コール・オブ・デューティ」「アサシン クリード」といったサードパーティー製のソフトが売り上げ上位を占めるPS3とは異なり、Wiiは「大乱闘スマッシュブラザーズX」や「スーパーマリオギャラクシー」といった任天堂製のソフトが売り上げ上位を占めていますが、自社のゲーム機向けに自社でソフトを開発した場合、通常ソフトメーカーがゲーム会社に支払うロイヤリティを抑えられるため、ソフトの価格を下げて競争力を高めることができることも強みとなっているそうです。

・関連記事
今後欲しいゲーム機の1位はPS3でXbox360も大幅に上昇、Wiiは人気後退か - GIGAZINE

終わらない攻防、ついにニンテンドーDSi向けのマジコンが登場 - GIGAZINE

記録容量は数百GB、任天堂の次世代ゲーム機はホログラフィックストレージを採用か - GIGAZINE

メタルギアソリッドシリーズの新作か、謎のサイトが出現 - GIGAZINE

記事全文へ