アシスタント業だけで食っていける? マンガ制作の舞台裏

写真拡大

 マンガ家に必要不可欠なのが、原稿作成の補助をしてくれるアシスタント(通称、アシ)。あまり表に出てこない、そんなアシの日常が4コママンガで綴られたブログ『アシでメシが食えんのか』が話題を呼んでいる。

 作者はアシ歴4年の葛西さん。ブログを開設した理由について「プロとしてデビューできず、とても暇だったから(笑)」と話すが、現在は、今年8月に「本当にあった『ゆかい』な話」(竹書房)でデビューを果たした身。しかも、ヘルプ扱いでアシ業も継続されているし、ブログのマンガを描くのは大変じゃないですか?

「ブログのマンガは特に下書きもせず、一発勝負で描くようにしています。なので、マンガというより絵日記を描いている感覚に近いんですよ」

 数々のエピソードの中でも、極度の疲労から睡眠障害を来し、睡眠薬の量がどんどん増えていくさまは凄絶だ。

「それよりキツいのは、自分の能力では描けない背景作画を先生から任されたとき。『描けない』なんて言えないので、本当に厳しいです......。ただ、その分、自然と絵はうまくなりますけど」

 ぶっちゃけ、アシだけでメシは食えるんですか?

「はい。週4日で原稿を仕上げる週刊連載のレギュラーアシなら、ひと月に20万円は軽く稼げるでしょう。でも、だからといってアシ業をガッツリやってしまうと、自分のマンガを描く暇がなくなり、デビューが遠のきます(笑)」

 アシでメシを食っていくのも、考えモノなのだ。
(アボンヌ安田/「サイゾー」12月号)


【関連記事】 コミケが地方進出!? 『リゾートコミケ』が内包する問題点
【関連記事】 現役デスクに聞くアニメ制作現場の"低賃金"と"海外流出"
【関連記事】 アニメマスコミを泣かせる"サンライズ様"の銭ゲバ体質
【関連記事】 「データを持ち帰れない!」撮影会に非難轟々 真相は......
【関連記事】  "和製ビヨンセ"渡辺直美 風俗過去全暴露の裏事情
【関連記事】 田代まさしロングインタビュー「"人生すべてがギャグ"きっとそう思われている」
【関連記事】 「偶像は死んだ」ものまね芸人・山本高広の破壊力
【関連記事】 "お笑い帝国"吉本興業をめぐる闇とケッタイな企業体質
【関連記事】 「ルネッサ〜ンス」髭男爵が営業で稼げない裏事情