元同門、ソジンスキーを腕十字で下し、ファイナル進出を決めたマガリャエス。収録終了から5ヶ月間で、どれだけスタンドの打撃戦で力をつけているか

写真拡大 (全4枚)

3日(水・現地時間)にスパイクTVで『The Ultimate Fighter Season 8』のエピソード11と12が中継され、4名の決勝戦進出者が伝えられた。そして、このTVプログラムの終了を待って、13日(土・同)にラスベガスのザ・パールで行われる『TUF8 Finale』の全対戦カードが発表された。

ライト級とライトヘビー級ファイナルを含め、10試合中、実に8試合がTUF8出演者同士のカードとなった本大会。TUF8の充実度合いが表れたラインナップとなったが、ちなみに前回のTUF7のフィナーレは、全10試合中、TUF参加者の出場は5名、決勝戦を含めTUF勢同士の対戦は僅か2試合だった。

柔術世界王者ヴィニー・マガリャエス、カナダのTKOとミネソタ州のICCヘビー級王者で、IFLでもLAアナコンダズに所属していたクリストフ・ソジンスキー、柔術パンナム大会やグラップラーズ・クエストで数多くのタイトルを奪取し、MMAでもコロラド州のリングオブファイアーのライトヘビー級王者となっているエリオット・マーシャル。MMAキャリア8戦8勝のオールタイム・レスラー、ライアン・ベイダーらが参加し、シーズン1を彷彿させる盛り上がりを見せたライトヘビー級。

決勝進出を決めたマガリャエスは、チーム・クエストからエクストリーム・クートゥアーにジムを移し、ベイダーはWEC世界ライト級王者ジェイミー・バーナー、ドリュー・フィケットらとともに、アリゾナ・コンバット・クラブで決戦に備えている。

■注目のライト級ファイナル、見所は次ページへ!