ボクシング 亀田和毅にWノルマ

写真拡大

 国内プロデビュー戦(8日、栃木県立県南体育館)を控えるプロボクサー、亀田3兄弟の末っ子・和毅(ともき)が4日、都内のワタナベジムで練習を公開した。世界ランカーを相手に堂々とスパーリングをこなし、好調をアピール。周囲からは賞賛の声が絶えない和毅だが、そんな“金の卵”の日本デビュー戦にあるノルマが課せられた。

 亀田兄弟の最終兵器がついにベールを脱いだ。
 8日にアドリアン・ラミレスとの日本デビュー戦に臨む和毅。この日、WBA世界スーパーフライ級6位の河野公平と2回のスパーリングを行った。左ジャブでうまく距離をとりながらワンツー、左フックを浴びせるなど、世界ランカーに臆することなく向かっていった。
 和毅のスパーを見ていたジムの渡辺均会長から「デビュー直後で、世界ランカーとこれだけできるのはすごい。ロングレンジでいいワンツーを出していた。ショートで打たれるのはキャリアの差。5、6戦(キャリアを)積んだら日本チャンピオンとやっても平気でしょう」と大絶賛された。
 エイティーン古河ジムの長嶋清会長からも「ボクシング界でこれだけの選手は見たことがない。伸びる可能性をかなり持っている」とベタ褒めされた。

 調整を終え「いい練習できたな。もう仕上がった。スパー通りできたら勝てる」と自信満々。さらに「オレの(パンチの)スピードを見てほしい。多分、見えへんと思うで。スピードスターや。パパパパンッて終わるで」と豪語した。
 余裕の秒殺宣言まで飛び出し、“舌好調”。一方で兄の興毅からは厳しいアドバイスを受けた。

 和毅の世界タイトル挑戦について「30、40戦くらいじっくりキャリアを積んで、落ち着いて慣れてきてからかな。段階があるからな」と2、3年後まで封印すべきと指摘。
 さらに「(KOは)3R、4Rでもいい、何かひとつでも覚えて勝ってほしい。早く倒してもあまり意味ない。お客はKOした方が喜ぶだろうけど…」と技術習得を厳命した。
 「オレらと同じやり方はせえへん。十何戦で世界戦をやっても、あまりいいことがない。20、21歳になったらもっと体が強くなって、だいぶベテランになってちょうどいい」。興毅は自らの経験を教訓に、和毅に2つの課題を与えた。
 和毅は興毅から与えられたノルマを、達成することができるか。

○日馬富士にダメ出し
 和毅のビックマウスはこの日も健在だった。
 報道陣から相手の河野の印象を問われ「いい選手やと思うで。手数も多いし。相手してくれてうれしいな」と語った。
 さらに「敬語もスペイン語も勉強中や。でも、メキシコでは敬語とかあれへんから覚えてへん」と笑わせた。大関に昇進した安馬あらため日馬富士(はるまふじ)についても語り、「あれはあかんな。覚えられへん。あの名前では横綱になれへん」と予言した。

【他にはこんな記事も!!】
K-1 元プロ野球ロッテドラフト1位投手がK-1入りへ
ボクシング 亀田和毅が兄超え宣言
K-1 アーツ暴君復活へ

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!