先日GIGAZINEで「新世紀エヴァンゲリオン」や「ふしぎの海のナディア」などのキャラクターデザインを担当した貞本義行の「直筆」とした綾波レイと惣流・アスカ・ラングレーのイラストサイン色紙がオークションに出品されたことをお伝えしましたが、到底直筆とは思えないクオリティーでした。

しかし今回、突然本物の貞本義行直筆のレイとアスカのイラストサイン色紙が公開されたことが明らかになったので比較してみました。

詳細は以下の通り。
株式会社カラー:最新情報: 貞本義行によるイラスト色紙公開

「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」の制作を担当している、庵野秀明が代表を務める株式会社カラーの公式ページによると、「JAPAN EXPO 2008」で行われた貞本義行サイン会のイラスト色紙は以下。

綾波レイバージョン。


惣流・アスカ・ラングレーバージョン。


そしてオークションに出品されていた綾波レイのイラスト色紙はこれ。


こちらはアスカバージョン


やはり似ても似付かないのですが、いったいどうなっているのでしょうか…。

・関連記事
エヴァのスーパーコンピューター「MAGIシステム」は実在する - GIGAZINE

独創的すぎる「ローゼンメイデン」のイラスト入り冷蔵庫が登場 - GIGAZINE

麻生首相がエヴァンゲリオン劇場版風になっているものすごいムービーが登場 - GIGAZINE

ついに「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破」の公開時期決定、アスカや新エヴァ、新キャラクターが登場 - GIGAZINE

記事全文へ