2日、雑誌グラビア撮影のため台湾を訪問中の女優・蒼井そらだが、現地での余りに熱烈な歓迎振りを警戒したところ、「お高くとまってる」との不満が招聘側から漏れ出したという。写真は30日、台湾のPRイベントに出席した蒼井そら。<url name="【その他の写真】" url="http://www.recordchina.co.jp/group/g26363.html">

写真拡大

2008年12月2日、雑誌グラビア撮影のため台湾を訪問中の女優・蒼井そらだが、現地での余りに熱烈な歓迎振りに警戒を示したところ、「お高くとまってる」との不満が招聘側から漏れ出したという。NOWnews網の報道。
ファッション雑誌「FUNSWANT」に招かれて28日から台湾入りしている蒼井そらは、台湾でも「童顔巨乳」のキャッチフレーズで人気のアダルト出身女優。しかし、空港到着時に押し寄せたメディア攻勢の激しさに驚いたマネージメント側が、急遽、メディア露出に慎重さを見せ始めた。「取材質問を事前確認したい」「AV出演の過去については聞かないこと」「許可なく撮影しないこと」などさまざまな要求が飛び出してきたことに、招聘側は困惑している。【その他の写真】
招聘側は彼女の知名度UPを図るために、数々の独占インタビューを設定するなど多彩なブッキングをし、さらには彼女のために観光やショッピングなどの日程を組んで、存分に台湾を満喫してもらおうと準備していたが、蒼井側からはそれらに対するキャンセル要請も続出した。
記事では、「礼儀正しく規律正しい日本人でも、こんなことがある。今後の外国人タレント招聘にあたって、教訓になったのでは?」と結んでいる。(翻訳・編集/愛玉)
【関連記事】
「ロリータ顔」女優・蒼井そら、ファンサービスに現地も絶賛―台湾
日本のAVなくして中国に性教育なし!大学生フォーラムで―広東省広州市
日本人アダルト女優も参戦!中華古典エロスの傑作「金瓶梅」を映画化―香港
「AV王国」日本なぜ圏外?「エッチな国」4位の中国で論争―国内BBS
人気急上昇グラドルのローラ・チャン、本国のAV女優疑惑に声明発表―中国