ボクシング 仰天プラン浮上 父史郎氏が厳命 大毅よ内藤パクれ

写真拡大

 復帰2戦目(12月8日、栃木県立県南体育館)に臨む“浪速乃弁慶”亀田大毅が1日、茨城・古河市内のジムで練習を公開。順調な仕上がりを見せる一方、陣営からは、早くも来年のタイトル挑戦プランが持ち上がった。さらに世界再挑戦に向けて父史郎氏からは、ある課題が課せられた。

 復帰2戦目で、元WBC世界ミニマム級王者イサック・ブストスと対戦する大毅。試合を1週間後に控えたこの日、エイティーン古河ジムで東日本新人王スーパーフライ級準優勝の宮森卓也を相手に3分2Rのスパーリングに臨んだ。
 ガードをしっかりと固め、足を使って相手を翻ろう。左フックやボディー、ショートアッパーなど、鋭いパンチを繰り出した。10日間でおよそ70Rをこなし「調子はいいと思う。万全やな」と調整にスキは見当たらない。よほど調子がいいのか「今年はいい形で勝って、栃木県のみんなに力をあげられるように頑張りたい」と必勝を誓った。

 復帰2戦目となる試合は、今後を占う重要な一戦。父親の史郎氏は「常にランキング入りしとらんと、チャンスも何もない。日本か東洋(太平洋)に入りたい」と語り3戦目でランカーと、早ければ4戦目に日本もしくは東洋の王者に挑戦させる考えを明らかにした。

 大毅の再生プランを示した亀田陣営だが、まずは次戦に勝たなければすべてが水の泡。そこで史郎氏は大毅にノルマを課した。
 「次の試合は大事。目標を立ててやらないとダメ。内藤(大助)みたいなボクシングせんと。ポイント取って、流れを作って試合を組み立てる。10Rやる気持ちで。流れで倒すように」と要求。
 「変わっていかへんのやったら(ボクシング)させへんし」と、仮に大毅のスタイルに変化が見られなければ、今後のボクサーとしての活動も自粛させる構えを見せてゲキを飛ばした。

 次戦が“査定マッチ”の様相を呈してきた大毅。次なるステップに進むためにも真価を問われる一戦になりそうだ。

【他にはこんな記事も!!】
Dynamite!! 石井慧 大みそか緊急参戦も
Dynamite!! 秋山成勲VS青木真也が実現へ
K-1 テイシェイラ“おやじ狩り”宣言

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!