11月20日に発売されたスクウェア・エニックスの新作RPG「ラストレムナント」ですが、発売されてわずか2週間足らずにもかかわらず、アメリカで半額となって販売されていることが明らかになりました。

スクウェア・エニックスの次世代ゲーム機向けRPGとしてXbox360版が先に発売された同作ですが、どうやら海外での評価はあまり芳しくないようです。

詳細は以下の通り。
Amazon.com: The Last Remnant: Video Games

アメリカのAmazon.comによると、12月2日3:00現在「ラストレムナント」のXbox360版が定価59.99ドル(約5700円)の半額にあたる29.95ドル(約2850円)で販売されているそうです。また、レビューサイトでも10段階で5.3と評価されるなど、海外では苦戦を強いられている模様。


なお、日本では発売初週で10万本強を売り上げるなど、好調な売り上げを見せているほか、Amazon.co.jpでも定価8190円から2割程度しか割引されていないなど、海外とは真逆の状況であることを考えると、どうやら海外市場と日本市場の間には大きな隔たりがあるようです。

・関連記事
クリスマス商戦目前、現時点で今年最も売れている&売れていないゲーム機は? - GIGAZINE

今後欲しいゲーム機の1位はPS3でXbox360も大幅に上昇、Wiiは人気後退か - GIGAZINE

値下げよりも新型?全世界の販売台数でPS3が値下げしたXbox360を上回る - GIGAZINE

Xbox360、値下げを受けて初めて販売台数1位を獲得 - GIGAZINE

記事全文へ