環境負荷削減とエネルギー需要の逼迫という二つの難題に応えて、より効率的で信頼性の高い発電所プラントを製作するのが、三菱重工高砂製作所の任務。いまプラントエンジニアには何が求められているのか。

■世界中が期待する三菱のタービン、プラント技術。エンジニアリングの醍醐味をここで味わう。
 波光きらめく播磨灘に面した兵庫県高砂市。三菱重工高砂製作所の広い敷地に一歩入ると、入口そばに置かれた巨大な鋼鉄の物体がいやでも目につく。日本で最初の加圧水型(PWR)原子力プラント、関西電力美浜発電所一号機のためにこの工場で設計・製造され、1970年に納入されたタービンの実物だ。この原子力タービンが象徴するように、高砂製作所は、三菱重工における原動機事業の基幹生産拠点である。

 発電用のガス・火力・原子力タービンのほか、発電用水車やポンプなどがここで作られている。最近は、ガスタービンによる発電で出る排熱を利用し、蒸気タービンも回して発電するガスタービン・コンバインドサイクル(GTCC)が世界各地で注目されているが、そのプラント技術でも高い評価を得ている。いずれも、生活と産業を支えるエネルギーを生み出す仕事だ。

 今地球環境問題に直面して、世界各国のエネルギー政策は大きく変化している。温暖化ガス削減という要請を受けて、原子力発電需要が活性化し、石炭火力発電からGTCCへのシフトが始まっている。そうした世界のエネルギー事情は、高砂製作所の事業にもダイレクトに影響する。

 同製作所のガスタービンには、この1年だけでも、米国、ロシア、トルコ、ウクライナ、カタール、サウジアラビア、スペインなど世界各国から受注が殺到した。急速に高まる需要に生産が追いつかない状態だ。それを受けて、高砂ではガスタービンの増産に取り組む。

 ガスタービンと同時並行で、原子力タービン工場の新設も進んでいる。高砂におけるガス・原子力タービンの設備増強は総額約250億円に達する。高砂が得意とするのは、タービンやボイラー、ポンプといった個々の装置の設計・開発だけではない。その全体を組み合わせてより効率的な発電を行うための発電所プラントの設計・施工技術も、同製作所の得意分野の一つ。そのプラント技術は、火力、原子力などの各エネルギープラントで高い発電効率と環境性能を示し、世界市場のなかでも高い技術優位性を誇っている。

 発電所プラント建設では、タービンなどの構成部品を単体で納める場合もあるが、土壌改良に始まり、建屋建設から設備導入まですべてにわたって一社が一括して受注する場合もある。これを「フルターンキー契約」と呼ぶが、三菱重工はこのフルターンキー受注ができる唯一のタービン製造会社という側面をもっている。それだけ社内に、多様な技術や経験を集積しているということでもある。……≫続きはこちら

■関連リンク
livedoor キャリア