任天堂の据え置き型ゲーム機Wiiの国内販売台数が、700万台を突破した。(11月26日付けのエンターブレインより)性能面では物足りないとも言われている同機だが、リモコンによる直感的な操作により複雑なボタン配置を覚える必要がなく、ゲーム初心者でも遊びやすい点が普及の要因といわれている。



Wiiはこれまでのゲーム機とは違い、Wiiリモコンと呼ばれるコントローラで操作する。WiiリモコンはTVに付属のセンサーバーを設置する事で無線通信で接続され、これによってより直感的な操作が可能とされており、ゲーム初心者の人でも遊びやすいと言われている。

一方で昔からゲームで遊んでいる層には性能面で物足りないとも言われており、また発売されるゲームも難易度の低いものが多いとされているが、これは任天堂が常に子供が遊ぶ事を前提にしているためでもあり、一部には「任天堂はコアユーザーを切り捨てた」などという声もあるが、任天堂のスタンス自体に違いはないのではないだろうか。

(編集部:林 裕之)

【関連記事】
氷山の一角?DSソフトの無断配信でついに逮捕者
新型DS発売 初日入手は困難か
アキバの話題をDSでチェック! 「akiba.tv」DS向けに情報提供開始
不景気でゴッソリ売れる日本製ゲーム機 米国

【参照】
ファミ通.com

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!