2009年1月より、アニメ『源氏物語千年紀Genji』がフジテレビで放送される。今年は『源氏物語』が誕生して千年という節目の年。アニメ界の巨匠出崎統監督・脚本によって現在に甦る。

『源氏物語』が誕生して千年ということもあり、若い女性を中心に『源氏物語』ブームが再燃している。
『源氏物語』は、平安時代の中期に成立した長編小説である。作者は紫式部であるが、一部別人の手が加わっていると言う説は昔からあり、近代になってからも、「『源氏物語』の一部は紫式部の作ではない」とする理論が唱えられている。
物語の主人公は光源氏で、絶世の美男子として語り継がれている。アニメでこの光源氏を演じるのは、『コードギアス反逆のルルーシュ』のスザク役や、『今日からマ王!』の渋谷有利役の櫻井孝宏である。櫻井は「『源氏物語』がアニメになるにあたってどういう表現で作るか楽しみ。僕自身も、光源氏という大役を演じることになり、頑張りたいと思います。」とコメントしている。
その他のキャストには紫の上に遠藤綾、藤壷の女御に玉川紗己子、桐壺帝に堀内賢雄、葵の上に平田絵里子、六条の御息所に鶴ひろみなど、豪華な顔ぶれが揃っている。
『源氏物語』誕生千年という節目に古典文学に触れてみるのも良い機会かもしれない。古典文学を読むのは抵抗があるという人も、アニメなら入りやすいだろう。
『源氏物語千年紀Genji』で平安時代にタイムスリップしてみてはいかがだろう。

(編集部:MAKI)

[関連記事]
懐かしの角川アニメを大スクリーンで見るチャンス
来秋にはハリウッド進出。生誕80周年「手塚ファン大会」今年も開催
『デトロイト・メタル・シティ』特典付きDVD発売決定
3分で分かる『スカイ・クロラ』

-ITからセレブ、オタク、事件・事故まで。スルーできないニュース満載-
TechinsightJapan(テックインサイトジャパン)はコチラから!