転職活動期間というものは、人生の中で特別なひととき。自らの将来や、働く意味・やりがいなどを時間をかけて振り返る、絶好のチャンスなのだ。たまには技術書以外の本を手にとり、これから進むべき道について、じっくり考えてみてはいかがだろうか。

■転職を考えたとき、どんな本を何のために読むか?
 転職という大きなターニングポイントで読む本は、その後の人生を大きく左右するほどの影響力をもちうるものだ。そこで今回は、読書に関して一家言を持つ4人の方に、転職を考え始めたエンジニアにお勧めの本を挙げてもらった。
  4人の視点は、それぞれ異なっている。リナックスカフェの平川氏は「仕事の意味」。エニグモの安藤氏は「志」。カヤックの柳澤氏は「自由」。そして、ケーエムケーワールドの駒井氏は「転職に役立つ」という切り口で5冊を選んでくれた。それぞれの推薦コメントを読んでいくと、4人の方がどのようなことを考えて働いているかが垣間見えるだろう。
 世界には、たくさんの本があふれている。4人の勧める本のリストを手掛かりに、良い本との出合いを求めてみよう。そうすれば、「より良い転職」に近づけるはずだ。……≫続きはこちら

■関連リンク
livedoor キャリア