【対談】「ボンボン」編集長×『プラモ狂四郎』作者 今こそ『ガンダム』を凌駕する新しいキャラが生まれるべきだ!!

写真拡大

 昨年末、休刊を発表した「コミックボンボン」。30代の男性であれば、かつて「コロコロコミック」(小学館)と双璧を成した月刊少年マンガ誌として記憶に残っている人も多いだろう。そんな同誌の人気を牽引していたのが『プラモ狂四郎』である。ここでは、同誌元編集長・池田新八郎氏と同作・著者のやまと虹一氏が再会。「ボンボン」休刊から児童マンガ誌の行方まで、不振の続く業界についてを語り合った。

──創刊は81年秋。当時は90万部を売り上げていた「コロコロ」が月刊少年マンガ誌では独り勝ちの状態でしたが、「ボンボン」では3号目から『プラモ狂四郎』がスタートし、同誌の快進撃が始まります。

【池田新八郎(以下、池田)】 創刊当初はあくまでマンガが中心で、アニメ化される予定だったジョージ秋山さんの『スパットマンX』を柱に考えていたんです。ガンプラは当時から人気があったので、創刊号の巻頭で特集を組んでみたら、そのページがアンケートでトップにきたんですよ。ただ、アニメ『機動戦士ガンダム』のストーリーを基にマンガを作っても、小学生にはまだ難しいだろうと思って、「ガンプラを軸にしたマンガはできないか?」と、特集を担当したフリー編集者の安井(尚志/『プラモ狂四郎』の原作者)さんに相談したのが始まりです。

──作画にやまと虹一さんが選ばれた理由はなぜでしょうか?

【池田】 何人か候補はいたけど、ガンダムは"メカ"なので、どうしてもカタい感じがしてしまう。だから、劇画タッチよりもやまとさんのような柔らかいタッチがいいだろう、と判断し、お願いしたんです。

【やまと虹一(以下、やまと)】 でも、当時は企画が二転三転して、安井さんから原作をもらったのは締め切りの3日前で、しかもカラー付き33ページ。実は、お仕事の依頼があったときガンプラを作ったことどころか、アニメの『ガンダム』すら見たことがなかったんです。ですが、「マンガ家として、ここで一発当てなきゃ田舎に帰るしかない」という瀬戸際だったんで、描くしかないと思いましたね。ただ、連載当初はバンダイから編集部に資料用のガンプラが送られてこなかったので、ただでさえ品薄だったガンプラを求めて、担当編集者が問屋さんから関東一円の模型店を駆けずり回ったり、新商品の発売日には僕も子どもに混ざって早朝から模型店に並んだりしてたんですよ。まさか、ガンプラブームに拍車を掛けたその作者が、ガンプラを求めて店頭に並ぶなんて(苦笑)。

【池田】 創刊号は15万部スタート、それが1万部、2万と部増えていき、1年後には50万部。連載も人気が出て、安井さんがMSV(モビルスーツバリエーション)【註】を考案して、モビルスーツの種類も増加、そうしてバンダイも次第に協力的になってきましたね。

【やまと】 おかげ様でコミックスも、1巻は初版5万部だったのが、すぐに増刷を重ねて、4巻までの累計で100万部を記録......6巻の初版は26万部でした。それに併せて、前の巻も増刷されるため、講談社で一番売れているコミックスだった時期もありましたね。

●契約書はなく口約束だけ? サンライズとの版権契約

──さて、マンガ業界でメーカーと組んで仕掛けていく手法というのは、『プラモ狂四郎』が最初でしょうか?

【池田】 そうでしょうね。私たちも『プラモ狂四郎』の成功例から、小学生をターゲットにした"マンガのあり方"を学んだところがあります。特に、小学校低学年だとストーリーを理解するのには限界があるので、ホビーの要素を盛り込んだ手法は鉄板となりました。それに、当時はサンライズとの版権契約もあいまいで、特に契約書を交わさずに口約束みたいな形で進んでいましたよ。連載当初は、サンライズに著作権料を支払っていなかったし(笑)。