ボクシング グラドル松島TKO負け

写真拡大

 グラビアアイドルの松島利也子が11日、東京・後楽園ホールで、ボクサーとしてプロデビュー。“勝負ヘアー”で挑んだものの完敗し、ホロ苦い船出となった。

 アマ時代を含め、10年以上のキャリアを誇るベテラン、黒田陽子との一戦に、「この長さで動いて、崩れない髪型はこれしかなかった」とドレッドヘアーで気合を入れた。
 だが、初回に強烈な右ストレートを被弾すると、終始ペースを握られ、最後は2回1分52秒、ラッシュを浴びレフェリーストップ。TKO負けを喫した。
 試合後、美女ボクサーは「(身長の)高さを生かした戦い方を全然できてなかった。自分の実力を思い知りました」と悔し泣き。次戦は来年2月の予定しており「もっと手数を出せるスタミナをつけて、もう1回挑戦したい」と初勝利を誓った。

【他にはこんな記事も!!】
石井慧 来秋UFC急浮上
新日本プロレス 中邑が画家デビュー
亀田大毅 前途多難

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!