ITエンジニアのスキルを証明するものとして、国家資格、ベンダー資格など資格試験がある。資格取得をひとつのステップとして取り入れているIT系企業も多いが、重要なのは資格取得に向けたモチベーションの維持。報奨金や資格手当がないと、やっぱりやる気は起きないものなのだろうか。

■資格手当、合格報奨金のない職場が7ー8割って、ほんと?
 国家試験、民間試験を問わず、レベル別に階層化されたIT資格試験の体系は、エンジニアにとっては、自分の知識を試すのに格好の対象だ。企業からすれば、資格取得者を社内にそろえることで、顧客からの信頼を得やすい、つまり営業効果が上がるという狙いもあるだろう。

 しかしながら、最近は公的なIT資格試験の受験者数は減少ぎみといわれる。資格がなくても仕事はできるし、実際、多忙な業務のなかで資格試験のために時間を割くことは、それなりの努力と覚悟のいることだからだ。資格試験に向けたエンジニアのモチベーションをアップするためには、“飴”つまり報奨金や資格手当などを用意する必要があるだろう。資格取得だけが目的ではないにしても、結果的にはそれにつながるキャリア研修、スキルセミナーなどのスキルアップ支援制度もできればあったほうがいい。

 今回は、資格取得についてITエンジニア200人に本音、資格手当や報奨金制度など支援制度の実態について聞いてみた。アンケートでは、複数の国家資格・民間資格を挙げて、それぞれについて取得した場合の資格手当・合格報奨金の有無およびその金額について尋ねている。驚くべきは、資格手当で75%、合格報奨金で80.5%の人が、「上記の資格について、手当等は支給されない」と答えていることだ。さらには、「勤務先にキャリア支援制度がない」が7割以上という結果も出ている。

 もちろん、ITエンジニア個人へのアンケートであるため、自分が取得しようとしている資格については資格手当が出るのか、そして、それがいくらになるのかは知っていても、すべての資格についての実態を把握しているとは限らない。とはいえ、かなり厳しい実態ではある。

■合格報奨金が10万円以上は6つの資格
 資格手当や合格報奨金が出るとすれば、それはどのようなものがあるかも、もちろん尋ねている。回答が集中したのは「基本情報技術者」「ソフトウェア開発技術者」「初級シスアド」「テクニカルエンジニア」などの国家資格だ。月々の資格手当も、「システムアナリスト」で平均2万6000円、「プロジェクトマネージャ」で1万4900円、「テクニカルエンジニア」の「データベース」「ネットワーク」「システム管理」「エンベデッドシステム」がいずれも1万1000円台(488万円)になっている。

 これに対してオラクル、シスコシステムズなどの各ベンダーや、民間団体が実施するいわゆる民間資格は、資格手当の額そのものは国家資格とそう大差はないものの、「資格手当あり」とする回答者の数は相対的に少なかった。

 今回の調査だけで、企業が民間資格より国家資格を重視していると結論づけることはできない。技術分野や対象の幅が広い国家資格と、特定ベンダーの技術に特化したベンダー資格を一律に比較することもまた難しい。だが、とりあえず国家資格にチャレンジすれば、なんらかの金銭的バックアップはあるらしいという、ひとつの傾向はみてとれるだろう。

 ちなみに合格報奨金で平均額10万円台のものは6つあった。金額の多い順番からいうと「CCIE- RS(シスコシステムズ)」(15万円)、「システムアナリスト」(14万9500円)、「プロジェクトマネージャ」(12万5952円)、「システム監査技術者」(12万833円)、「上級シスアド」(11万2895円)、「ORACLE MASTER platinum」(10万円)となっている。