博報堂生活総合研究所が1986年以来、2年ごとに繰り返し調査している生活定点調査で、「安定した暮らし」を望む人が10年間で過去最高の44.2%に上った。
10年前に「安定した暮らし」を望む人は34.2%だったため、実に10ポイント上昇したことになる。
また「年功序列は守るべき」という人も10年間で6.1ポイントの上昇となり、過去最高の22.3%となった。
これとは逆に、能力主義を良い制度であると考える人は10年間で8.6ポイント下がり、過去最低となった。

生活者は、先行きが不安だからこそ、安心・堅実を強く求めるようになっていることが伺える(了)


■関連リンク
安心がキーワードの求人
livedoor キャリア