エンジニア熱望!コラボしてほしい企業ベスト5+30
「あの企業同士がタッグを組んで○○を出してほしい!」――誰もが一度は想像したことがある夢のコラボレーション。今回、エンジニア300人の声から飛び出た“ユニークコラボ”の数々を一挙、紹介しよう。

■その1 過去、最も印象に残っているコラボレーションは?
まず本題に入る前に、過去にコラボレーションした企業が生み出した製品で、印象に残っているものをエンジニア300人に聞いてみた。その結果、上位にランキングされたのがご覧のとおり。1位の「WiLL」は、正確には各企業がコラボレーションしたわけではなく「WiLL」というオレンジ色のロゴのもと、共通の主張・コンセプトをもとに各社が製品を開発・販売展開した共同プロジェクトである。
「コラボの先駆けとなったことが印象的」(38歳・パッケージ・ミドルウェア開発)
「統一ブランドが新鮮かつ、斬新なデザインにインパクトがあった」(29歳・システム開発Webオープン系)
など、多くのエンジニアにとっても「WiLL」ブランドは、強烈な印象を残したといえるだろう。またそのほか上位には、モバイル端末がすべて占める結果に。いずれも機能性+デザイン性やブランド力といった組み合わせが多い。

■その2 エンジニア300人が熱望する コラボしてほしい企業ベスト5
続いて今回のアンケート調査の最大の目的である、エンジニアが望む企業の組み合わせを紹介していきたい。ベスト5の顔ぶれをみると「ソニー」「アップル」「トヨタ自動車」の3社が必ずコラボの相手先として登場している。
どれもエンジニア人気企業の常連であることからも、この結果は順当といえるだろう。
では詳しい中身について順を追ってみていこう。

◆第1位 ソニー × アップル
・ iPhoneにワンセグ&FeliCaを搭載してほしい。あとはiTunesにソニーの曲を配信(34歳・システム開発マイコンファームウェア系)
・ 薄型TV音響&映像に徹底的にこだわった携帯電話。お互いデザインセンスではトップレベルの企業。それが組み合わさったときにどんなモノが生まれるのか興味がある(28歳・通信インフラ設計)
・ PCとしての機能・拡張性と携帯性を兼ね備えた、現在のモバイルを大きく超えた製品。両方とも独創性や創造性に優れた企業だから(37歳・社内SE)
・ iPhoneとウォークマンのような小型化とWireless/IPアクセス技術(フリーロケーションなど)を生かしたユビキタスデバイス(37歳・回路システム設計)
・ iTunesで動くウォークマンを作ってほしい(30歳・半導体設計)

◆第2位 トヨタ自動車 × ソニー
・ 全家電対応型の自動車(キャンピングカーのような)。自動車としての各種電気機器のトータルコーディネート製品は面白そう(38歳・研究特許)
・ 全面TVの車のような変わったモノができそう(29歳・回路設計)
・ 音楽性のある車(35歳・品質管理)

◆第3位 トヨタ自動車 × Panasonic
・ 究極のエコカー。日本一の技術を投入できる(38歳・システム開発ファームウェア系)
・ 画期的なナビゲーションシステム。両社の高い生産力と技術力で(39歳・社内SE)
・ ハイブリッドカー。高性能モーターを搭載した高効率な乗り物になりそう(27歳・制御設計)

■その3 エンジニアの9割は、コラボに積極的!
今すぐ現実になりそうなコラボ製品もあれば、「ホントにできたらすごいな!」と思わせる斬新なアイデアまで可能な限り紹介してみた。
そこで最後に、エンジニア自身は企業同士のコラボレーションに対してどう考えているのか、右図をご覧いただきたい。
実に9割以上のエンジニアが同業種・異業種含め「積極的にコラボレーションしていくべき」と回答している。……≫続きはこちら


■関連リンク
livedoor キャリア