亀田大毅 前途多難

写真拡大 (全2枚)

 6日の再起戦で見事KO勝利を飾ったお騒がせボクサー、亀田大毅(亀田)。対戦相手がまたしても格下の外国人選手だったため、試合後は「日本人とは、いつ試合をするのか」と質問が集中。亀田陣営は「オファーは出しているが断られている」と意外な事実を明らかにした。日本人選手は大毅との対戦を避けているのか。真相を探った。

 昨年10月、WBC世界フライ級王者、内藤大助(宮田)との一戦で反則を犯し、1年間のライセンス停止処分となっていた大毅がリングに帰ってきた。試合はメキシコのアンヘル・レサゴを寄せ付けずに5回KO勝ち。試合後のインタビューもていねいな言葉で答え、「亀田もなかなか変わったじゃないか」とファンに好印象を与えることに成功した。
 完勝の内容だったとはいえ、対戦相手がいつも通り小柄で非力な外国人選手だったことから、試合後の取材では「いつ日本人と試合をするのか」という質問が複数出た。確かに内藤は日本人選手だが、あれは世界タイトルマッチの話。日本人選手を目の敵にする一方で、弱い外国人選手ばかりを選ぶマッチメークこそが亀田問題の原点なのである。
 すっかり好青年と化した大毅が「やりたいとは思っているけど、自分は対戦相手を選べるような立場にない」と殊勝な発言をした一方、父史郎さんは「実際にオファーは出してるんやけどな。断ってきよるんや」と意外な事実を明かした。
 ひと昔前なら亀田と聞けばオレもオレもと声が上がっていたはずなのに、本当に日本人選手は大毅戦を避けているのだろうか。関係者のひとりが内幕を明かした。
 「亀田サイドが、元東洋太平洋フライ級王者で世界挑戦経験もある小松則幸にオファーを出して断られたのは事実。小松もやればいいんだけど、世界ランカーでもない相手とはやりたくないって断ったようだね」
 他にも大毅戦を断った日本人選手がいるのだろうか。
 「それはないと思う。亀田サイドは小松にこだわっていたらしいよ。実績があって、なおかつ下り坂の小松なら勝てるって計算でしょ。関係者が別の日本人選手の名前を出しても、まったく食いついてこなかったらしい。大毅と試合をしたい日本人ボクサーなんて山のようにいるよ」
 パフォーマンスを封印し、言葉づかいを改めた大毅にとって、残る課題は「適切な対戦相手」のみ。試合を見守っていたあるジムの会長は次のように主張する。
 「きょうは久しぶりの試合だから弱い相手でもいい。ただ、これからもこういう試合が続くようじゃ本当にダメだよ。真っ当な道を歩み始めたというのなら、まともな対戦相手と試合しなくっちゃ」
 本当に更生したかどうかは、今後のマッチメークにかかっている。

【他にはこんな記事も!!】
ボクシング 亀田大毅挑発メンチなし
新日本プロレス テンコジ7年ぶりVで最強タッグに弾み
新日本プロレス テンコジが復活

内外タイムスとは
当たる!!と評判の競馬から、文化、レジャー、芸能報道。野球、格闘技などのスポーツに、政・財界の内幕情報が満載の夕刊情報娯楽紙!